夜行性🌙サナトリウム

大阪在住のオジサンが戯言、譫言、寝言の数々を綴ります。

NGT山口真帆さんの引退に思うこと。

被害者が辞めるの?

僕は、アイドルに全く興味がない。

生まれてこのかた、アイドルというものに夢中になったことがないわけではないが、僕のアイドルとは尾崎豊であり、渡辺美里であり、THE BOOMであり、Mr.Childrenであり、ナリタブライアンであり、田中芳樹であり、大友克洋であり、井上雄彦の描く、バガボンドに出てくるキャラクターたちであり・・。

要は優れた創作者や、一流の表現者、才気溢れる者に心を奪われてきたわけで、外見がいいだけの女子に夢中になる連中の気持ちは、正直よく分からない。

そんなとこに金を落とすくらいなら、風俗行って、好みの嬢に抜いてもらった方がよほど良いと思うのだが、ただ、それはあくまで個人的な思いである。

アイドルに夢中になる野郎達を、否定する気はさらさらないし、個人の趣味・趣向を否定することが間違いであることくらいは、理解できる大人でありたいと思う。

ただ、今回のNGT48内において山口真帆さんに起きた事件については、一言言いたい。

ファンならなぜ、もっとガンガンに本質を突いていかないのか?

今回の事件は、5ステップで解決できる、単純明快なものだ。

 

  1. 加害者に情報を漏らしていたメンバー全員を割り出し、発表し、社会的制裁を受けさせること。贖罪、解雇は当然。
  2. なぜか不起訴になった加害達が社会的制裁を受けること。起訴や逮捕は当然。
  3. 不起訴になった理由、また、運営が加害者側を擁護する背景の説明。
  4. このビジネスの考案者であり、彼女ら鵜のボスである、鵜飼い・秋元康氏に、1~3について動いてもらう。動かないのなら、なぜ動かないのかの説明。
  5. この3項目以外の「遺憾」を口にするメディア、マスコミ、芸能界の住人は、被害者側に立っているように見えるが、結局のところお茶を濁しているだけであり、被害者を失望させている点においては、加害者と大差がない。よって、それらを徹底的に糾弾する

 

「ワイドナショー」でこの件に関してコメントする指原莉乃は、心底気持ちが悪かった。AKBグループにとどまらない唯一無二の存在である彼女が1~4を明確に口にすれば、多少は流れが変わったかもしれなかったが、結局彼女が口にしたのは、

 

「全員納得はしていない」

「これで終わりで解決したと会社が思ってはいけない。本人が納得するまで」

 

という、本質から死ぬほど逸れた当たり障りのないコメント。

これには、山口真帆さんもさぞガッカリしたことだろう。

 

結局、勇敢に1人で戦い続けた彼女に追従者や助け船は出ず、被害者である彼女は、アイドルを卒業、退場である。

ブラック企業によくある話だが、要はアイドルグループも大差ないってことだ。

 

山口さん、アイドルなんてその程度のもんなんだから、今後は実のある存在になって下さいね。

 

NGT?

 

いや、終わりでしょ、もう(笑)