夜行性🌙サナトリウム

大阪在住のオジサンが戯言、譫言、寝言の数々を綴ります。

90分7万円のデリヘル!!

日本最高峰のデリヘル!!

f:id:robin4811:20160712221913j:plain

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

大阪在住、43歳のお父さんライター。はてなブログ「夜行性サナトリウム」を2016年より運営。 同ブログ内で発表した複数の記事が、はてなブックマーク総合ランキングで1位を獲得したことにより、はてな有数の「バズライター」として知名度を上げ、同年、カクヨムにて発表した「造花」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残ったことをきっかけに本格的に執筆活動を開始。現在、みっけSTORY、みっけブログ、FENIX等で連載コラム、レギュラーワークを担当。今後も新規クライアント様のWEBにおいて新連載の予定があり、精力的に活動中。著作に「日向のブライアン」がある。

90分7万円!

超高級店の若き

カリスマ取締役に迫る

渾身のインタビュー

FENIX掲載中!

fenixjob.jp

「90分7万円」の店

 通常、派遣型の風俗(いわゆるデリヘル)店の事務所や待機所は、ホテル街にほど近いいわゆる「風俗ビル」「風俗マンション」と相場が決まっています。

そりゃそうです。

家主の気持ちを考えれば、当然です。

自分のビルやマンションの一室に、フェロモンムンムンな風俗嬢が朝から晩まで幾人も詰めるなんて状況は、他の入居者の目を考えればあってはならないこと。

 

(あのフロアに一体何があるんや!?)

 

今のご時世、そう思われたら1発で「アウト」ですわね。

事実、待ち合わせ型のホテルヘルスを運営していた僕自身、大阪市内で事務所と待機所を確保するのは、それはそれは大変でした。

アパ〇ンショップからエ◯ブルまで、それこそ大手の賃貸屋は片っ端から回りましたが、どこの店舗でも

 

「デリの事務所探してます」

 

と口走った瞬間に訪れる微妙な「間」。

——いや、何ですかこの、

絵に描いたような

「拒絶反応」は(笑)

といって、風俗マンションとか風俗ビルに入るのって、なんかやっぱり嫌なんですよね。足元見てくるし、あまりにベタだしね。

ところが今回取材したお店と来たら、風俗なんて1店舗として存在しない、大阪のビジネス街のド★真ん中のオフィスビルに、思いっきり堂々と事務所を構えているわけです。

 

「よく借りれましたね」

「モデル事務所と周囲に言ってもバレないクオリティですから。東京店の事務所と待機所は、もっと綺麗なオフィスビルですよ」

 

イケメンオーナーは白い歯を見せて笑いながらサラリと言いました。

確かに…び…美女揃いだわ(汗)

そう簡単に遊べる店舗じゃねーぜ

レギュラーコース

90分5万円

……これがここの「最安値」です。

 

VIPコース

90分7万円

これがスタンダードだそうです。

 

ミリオンゴッドを朝イチ天井まで追えるような。

リーマンの1ヶ月の小遣いをケツ毛の1本も残さず持っていくようなこの価格……ぶっちゃけそうそう挑めるものじゃありません。

ただ、それはあくまで僕ら庶民、一般大衆の話。

サンドラッグで30円の絹こしを買ってきた嫁が、

 

「パパ、今夜は豆腐ステーキよ。

一応ステーキだからね。

ステーキ(素敵)

でしょ?」

 

などというオヤジギャグを飛ばす旅寅家において、7万円は人生を変えれるお金です。何せ、吉野家の特盛なら100杯は食える大金ですから。

 

90分、7万円かぁ~~~~。

 

確かに入り口ですれ違った子、

山本彩

みたいだったもんなぁ~~。

f:id:robin4811:20161001131957j:plain

ま、本人じゃ全然ないにしろ、

これに近いクオリティなら、

7万円って実は

激安

なんじゃねーか!?

 

いや、でも7万円ありゃ、

妻子と温泉行って結構な豪遊しても、

お釣りがくるで?

それを僅か90分って……

個室ビデオやったら

1500円やんか?

TENGAつけても

2500円やんか!?

 

インタビュー中、そんなことを考えていた僕に、若き取締役はこう言いました。

 

「あ、でも初めてのお客さんには面談があるんですよ」

「………は……はい!?」

男がまず来る

「最初に電話を頂いたら、男性スタッフが赴いて面談です」

「面談って……お客様と男性スタッフがですか!?」

「はい。いきなり指名して女の子を呼ぼうと思っても、それは無理なんです」

 

まずは男性スタッフがお客様を吟味、安全確認と。

その上で、規約に同意してサインを下さった方だけが、女の子を呼べるというこの鉄壁のシステム……。

 

「お客様がシラフかどうか、ホテルなら隠しカメラ等がないかとかまで調べますね。自宅なら衛生面も見ます」

「それに怒る人はいないですか?」

「そんな器の小さな人は、うちでは遊びませんね」

 

金持ち

喧嘩せずっ!!

 

その瞬間、僕は昨夜の自分の発言を思い出した。

 

「おいっ!

コレ絹こしやんかっ!?

豆腐ステーキは木綿

なんとちゃうか!?」

 

「ごめーん!!」

 

うん、俺の器では……この店はサイズ違いだ。

今夜は自分にピッタリの器である「オチョコ」で、やけ酒でも呑むかな。

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

大阪在住、43歳のお父さんライター。はてなブログ「夜行性サナトリウム」を2016年より運営。 同ブログ内で発表した複数の記事が、はてなブックマーク総合ランキングで1位を獲得したことにより、はてな有数の「バズライター」として知名度を上げ、同年、カクヨムにて発表した「造花」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残ったことをきっかけに本格的に執筆活動を開始。現在、みっけSTORY、みっけブログ、FENIX等で連載コラム、レギュラーワークを担当。今後も新規クライアント様のWEBにおいて新連載の予定があり、精力的に活動中。著作に「日向のブライアン」がある。

90分7万円!

超高級店の若き

カリスマ取締役に迫る

渾身のインタビュー

FENIX掲載中!

fenixjob.jp

大好評連載中!

work-mikke.jp