夜行性🌙サナトリウム

大阪在住のオジサンが戯言、譫言、寝言の数々を綴ります。

~アニメソングの歴史~『史上最高のアニソンベスト10!』~アニソンBEST神曲集~

アニソンの名曲・神曲ベスト10!

f:id:robin4811:20170318003818j:plain

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の43歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的にライター活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

※筆者コラム、連載中。

work-mikke.jp

☝今回はデリヘル嬢の稼ぎです。

アニソンに名曲の歴史あり

長いアニソンの歴史の中には、知る人ぞ知る名曲がわんさとあるわけです。ただ、当時は大ヒットしたあの名曲や神曲も、移ろいゆく時の中で、だんだんと『知る人ぞ知る』ものになってきております。

(あんな素晴らしい曲を知らない若者が多くいるのか!?)

当たり前のことですが、『良きもの』に触れれば触れるほど、その人は『豊か』になります。触れたいもののジャンルが『大自然』な人は、未踏の地を目指す大冒険を経て、カッコいい男になるかもしれないし、『人間が好きだ』という人は、多くの出会いや別れを経て、感性を研いでゆくでしょうし。

上質に触れるということは、それすなわち『成長』であり『幸せ』です。

ノマドのように旅を続ける人も、土着民のように部屋に引きこもる人も、大人も子供も、男も女も、ビジネスマンもニートも、どうか今夜はこのブログに刮目して下さい!

(俺が書くしかない!)

意味不明な使命感に突き動かされた旅寅が、現代の古い&若い世代の人たちに、是非、聴き継いでいって頂きたい不朽の名アニソンを、まさに『BEST OF BEST』の10曲に絞りに絞ってお贈りします。題して、

旅寅史上

最高のアニソン

BEST10!

眠りに落ちるまでのお供にどうぞ!

10位 やつらの足音のバラード/ちのはじめ

www.youtube.com

はじめ人間ギャートルズED

僕がギターを買って、初めて弾き語りできるようになった曲です(笑)そんな個人的な思い入れも確かにあるけれど、先日お亡くなりになったムッシュかまやつが残したこの曲が名曲であることに異を唱える人は、まずいないでしょう。そして曲もさることながら、1番の歌詞がとんでもなく素晴らしい!

人間の存在や人生が馬鹿馬鹿しくなるような、雄大でいて力の抜けた、何とも言えない味のある曲——。

『釣りキチ三平』のOP『旅人』と

どっちを選ぶか非常に迷いました

が、ムッシュに敬意を表してこちらを選びました。

9位 哀戦士/井上大輔

www.youtube.com

映画・機動戦士ガンダムⅡ主題歌

ガンダムはまさに名曲の宝庫。

一連の森口博子系や、UCのamberあたりも捨て難いとこなんですが、選ぶとしたら1stガンダムの映画主題歌(今は亡き井上大輔氏の2曲)のどっちか、ということになりますわね。『哀戦士』に『めぐり逢い』、どっちもどっちの名曲なんですが、僕が生まれて初めて自分の意思で買ったレコードがまさにこの曲ですので、今回は思い入れでこっちを選びました。

死にゆく男たちは守るべき女たちに

死にゆく女たちは愛する男たちへ

何を賭けるのか?何を残すのか?

戦場になった地球と宇宙で、女を想い、男を想い死にゆく人々を描いたこの見事な曲は、当時、ガンダムが社会現象化するのに大きく影響したと思います。多くの輝かしい命が奪われてゆく中、成長し、進化さえしてゆくアムロ・レイと、その前に立ちはだかる赤い彗星のシャア、そして、2人を取り巻く若者たちの群像……。

断言しますが、

ガンダムを見ないまま

死ぬアナタは『不幸』です。

ちなみに後年、Gacktがカバーしておりますが、正直そっちは論外でした。

やっぱ、オリジナルが最高!

8位 シ・ネ・マ/ピカソ

www.youtube.com

めぞん一刻ED

販売累計2億冊を達成した偉大な漫画家・高橋留美子氏の作品たちは、なぜか僕には全然刺さらないので、今回は『うる星やつら』や『犬夜叉』関連の曲は完全に無視しました。でもさすがに『めぞん一刻』だけは無視するわけにもいきませんでね。斉藤由貴の『悲しみよこんにちは』しかり、この曲しかり、音楽はかなり良かったんだよな~。何せ、いまだにカラオケで歌いますもん(歌ったとこで誰も知りませんが(笑))この『シネマ』は印象的なメロディーラインがクセになる、切ない系を代表するアニソンなんで、騙されたと思って聴いてみて下さいな。ちなみに、多くの人が大絶賛するこの未亡人の恋物語の良さも、結局僕には全然分りませんでした。もっと素敵な恋の物語は山ほどあるけどなぁ・・・。留美子ファン、何でそんな多いんだ??

 7位 カサブタ/千綿ヒデノリ 

www.youtube.com

金色のガッシュベル!!OP

one-pieceの

『ウィーアー』

『fanfare』

『怒りをくれよ』

も脳裏をよぎりました。

無論、ドラゴンボールの

『CHA-LA HEAD-CHA-LA』や、

蒼き流星レイズナーの

『メロスのように』もしかり。

ただ、アップテンポなアニソンの名曲は(これしかない)とさえ思うのです。サビの歌詞の素晴らしさたるや・・・鳥肌たちまっせ!?

大人になれない僕らの

強がりを1つ聞いてくれ

・・・もうね、この一節でやられちゃいますよね(笑)

そりゃあね、天才であるミスチルの桜井さんの『fanfare』は超絶凄まじい名曲ですよ!?でも子供が聴く『アニメソング』という範疇なら、この『カサブタ』を上位に持ってきていいと思うのです(ミスチルは先日取り上げてバズったしな(笑))

せめて頼りない僕らの

自由の芽を摘み取らないで

・・・私のはスッカリ摘み取られちゃいました、ハイ(笑)

6位 虹になりたい/やまがたすみこ 

www.youtube.com

南の虹のルーシーOP

『南の島のフローネ』のOP(潮風を頬に受け裸足で駆けてく~♬ってやつね)も印象的ないい曲なんですが、名曲という点ではこちらでしょうね。この『虹になりたい』はシンプルなコード進行・メロディラインに、ド・シンプルに『いい歌詞』が乗っかった、もう『スタンダードナンバー』と言ってもいいくらい素敵な曲でして、温かみや前向きさという点では比類ない最上のアニソンです。そしてあんまり知られてはいないでしょうが、実はこの曲、

看護師さんの『戴帽式』

によく歌われる

んだそうな!『ともしびを消さない』という歌詞が確かに戴帽式にピッタリなんですが、それよりサビ部分の歌詞がナースを連想させますね。

この大空の虹になりたい

希望に届く虹になりたい

虹とは、まさに『希望』の象徴です。全国の看護師さん、ガンバレ!!

5位 バナナの涙/うしろ指さされ組

www.youtube.com

ハイスクール!奇面組ED

『週刊少年ジャンプ』の黄金期、ジャンプのギャグ漫画の代表的存在だった『3年奇面組』の続編がこの『ハイスクール!奇面組』なんですが、アニメ化されるというのを聞いた時は驚きましたよね。あの笑いがアニメで伝わるのか……と。ただ、当時ブレイクしていたおニャン子の一角であるうしろ指さされ組(秋元康の嫁になった高井麻巳子と当時中山秀と付き合ってたゆうゆのコンビね)のこのちょっとHな楽曲が、異様にハマっていたというか、物凄く奇面組の世界観と一致してましてね(下ネタなんてほぼ皆無な漫画なのに不思議(笑))OP曲だった『うしろ指さされ組』も非常に良かったのですが、結局は可愛さ炸裂のこの『バナナの涙』を取りました。ところで、奇面組のアニメって、もっと評価されていいと思うんだなぁ!千葉繁氏や塩沢兼人氏をはじめとする声優陣の弾けっぷりも良かったし、使用されていた楽曲たちもみんなGOODだったし、再放送、切に希望です(笑)そういえばこの奇面組、ヒロインの唯ちゃんは超カワイイんですが、なぜか奇面組を率いる最高級の変態、一堂零に気がある様子。それを見て(ブサメンでも可愛い子に惚れられること、あるぞ!!)と希望を抱いた男は無数にいるはずですが、その後、大人になってみてば、そんな慈悲深いいい女はそうはいないというという現実が……。『美人はイケメンに恋をする』というダイヤモンドより硬い法則』を崩した意味でも、この作品は偉大です。ちなみに『ホンノリとラブの要素も絡む変態的学園漫画』というこの絶妙のジャンルは、以降、どの作品が引き継いだのでしょうか?『燃えるお兄さん』はイマイチだったし、やっぱ奇面組、賛否両論の最終回も込みで、唯一無二ですよね~!しかしまさか作品全部が唯ちゃんの〇〇だとは……。気になる方はネカフェへGO!!

4位 アンバランスなKissをして/高橋ひろ

www.youtube.com

幽遊白書ED

幽遊は一時期、確かに『DB』『スラムダンク』と並んでジャンプを支えていましたが、僕は暗黒武術会が始まる前の、地味だった時が好きでしたね。途中から完全にDB化して人気が爆発し、アニメ化もされましたが、正直あんまり見ていませんでした。あ、でも、雷禅と幽助の母の祖先の『ワンナイトラブ』には痺れましたね。『あれほどの女はそうそう生まれて来ないらしい』と、何百年も『食わず』を通し、餓死した雷禅。全盛期の彼の強さがいかほどのものだったか、興味津々です。さて、ところでこの『アンバランスなKissをして』ですが、当時アニソンとしては異例と呼べるほどの大ヒットを記録した記憶があります。以降も、きっと数えきれないほどの多くのアニメ好きが、カラオケで熱唱し続けてきたんでしょうね。かくいう僕も、行けば毎度歌いますから(結構、皆、知ってます)

若くして逝った高橋ひろ氏の

冥福を祈りながら、

皆様もどうぞ歌い継いで下さいね。名曲です!

3位 愛・おぼえていますか/飯島真理

www.youtube.com

映画・超時空要塞マクロス主題歌

(2位かなぁ……)と迷いに迷いましたが、最終的には3位に落ち着きました。

アニメ史上最大の歌姫である

「リン・ミンメイ」

(声優を飯島真理氏本人が受け持ったのもGood!)が、自身の失恋を乗り越えて人類のために歌った名曲中の名曲は、恋に憧れる当時のアニメ好きな少年たちを、死ぬほどキュンキュンさせたものです。

おぼえていますか?

目と目が合った時を

おぼえていますか?

手と手が触れ合った時

イントロが始まった瞬間、涙腺が緩み、このサビの頃には号泣する人も大勢いるであろう、まさに不世出と言ってもいいラブソング。当時、僕はAMラジオに激ハマリしておりましてね。関西で圧倒的に人気だった『ABCヤングリクエスト』(通称ヤンリク)で、この曲がひたすら1位に居座っていたのを今でもハッキリと覚えております。確か、ラジカセで録音して聴きまくったよなぁ(笑)あの頃はホント、いい時代でした。ところでこの『マクロス』、ガンダムやヤマトの陰に隠れて、あまり知らないという中年の人、結構多いと思われます(マクロス7、マクロスF等、続編が発表されているので意外に若者は知ってるかも)あのね、今すぐ見た方がいいですよ!恋愛が絡むSFものアニメの最高峰は、個人的には『メガゾーン23』か『マクロス』だと思う旅寅です。さ、今からTSUTAYAへGO!

2位 タッチ/岩崎良美

www.youtube.com

タッチOP

こちらも先述した『ヤンリク』で延々1位に居座ってましてね、おかげで今でも歌詞なしで完コピできる私です(笑)子供の頃の記憶というのはなかなかに消えないもので、尾崎豊とか、ガンガン歌えますもんね、30年経過してもね(笑)ま、当時の楽曲はアニソンに限らず、名曲揃いでしたから。今の薄っぺらい音楽業界しか知らない若い子たちも、どんどんYouTubeで昔の曲に触れて欲しいものです。さて、で、あだち充です。僕は高橋留美子作品同様、あだち充作品に全然興味がありませんでね(多分、週刊少年サンデーと相性が悪いんだと思います(笑))だって野球に興味ないですから(笑)その時点で『タッチアウト』だったわけです。でもね、興味がないといっても、和也の死や、南と達也の恋の行方くらいは押さえてたわけですよ。それほどに『タッチ』は大きな作品だったし、やっぱり僕らは『タッチ』及びあだち充の世代なのす。ところでこの曲をランクインさせたおかげで、同じあだち充作品である『みゆき』の

『想い出がいっぱい』

という超痺れる名曲を、今回僕は敢えて外しました。同じくタッチの

『背番号のないエース』

などもなかなかの曲なんですが……ま、バラエティに富んだベスト10にしたかったので、どうぞご了承下さいね。しかし岩崎良美さん、お姉さん同様、見事な歌唱力ですねぇ~。

1位 いつもそこに君がいた/レイジールーズブギー

www.youtube.com

 YAWARA!ED 

この曲が1位、もしくは上位であることに異論を唱える人って、あまりいないんじゃないでしょうか?『YAWARA!』は『シティーハンター』と並び、メチャメチャいいアーティストのメチャメチャいい曲ばかりを使用していたアニメなんですがね、中でもこの曲の素晴らしさは群を抜いてますよね。

奇をてらわない、シンプルなコード進行、ストレートな歌詞。

学生だった頃の仲間や、好きだった人を想うちょっと切ない気持ちを、こうも王道的に歌われれば、誰だってセンチになりますわね。

ページをめくると

いつもそこに君がいた

ノートの落書き 

いつもそこに君がいた

そう、誰の青春にも必ず、そういう人がいるものです。

猪熊柔にとってそれは松田さんであり、

松田さんにとってそれは猪熊柔であり、

あの不器用な2人が最後の最後、土壇場の空港で結ばれたことにホッとした読者は、きっと多いでしょうね。柔さん、

股間に香水振るようなイケメン

に墜ちなくて本当に良かった(笑)

 

さて、皆様、いかがでしたか?

納得した方もしなかった方も多いと思いますが、そこは『書いた者勝ち』ということでご容赦下さいね(笑)

以上、旅寅的アニソンBEST10でした!!

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の43歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的にライター活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

※筆者コラム、連載中。

work-mikke.jp

☝今回はデリヘル嬢の稼ぎです。