夜行性🌙サナトリウム

大阪在住のオジサンが戯言、譫言、寝言の数々を綴ります。

風俗嬢の職場恋愛~デリ嬢とドライバー~

デリ嬢と送迎ドライバーの恋は実際あるのか? 

f:id:robin4811:20160613233433j:plain

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の43歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的にライター活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

※筆者コラム、連載中。

work-mikke.jp

☝今回はデリヘル嬢の稼ぎです。

デリヘル嬢と送迎ドライバーの微妙な関係

事務所、最寄の駅での待ち合わせ型のホテヘル。

僕がしていた店は基本、デリバリーは受けておりませんでした。

何せこじんまりな店でしたから、デリは効率が悪かったのです。

現在でこそ、女性が自分で公共交通機関を使ってお相手の希望の駅まで行くという形の店は沢山ありますが、当時はあまりそういうタイプの店はなく・・・。

オーナーである僕の発想は、あくまでオールドタイプ、「送迎してあげなきゃかわいそう」だったんですな。

ただ、出勤人数が少なくて、その子1人をサポートできる日なんかは、120分コース以上限定という形で、お客様の自宅へのデリバリーを受けることもありました。

 

そして僕はお客宅付近のコンビニ等に車を停め、2人の行為が終わるのを、その彼が果てるのを待つわけです。

 

その、待っている時間の中。

 

皆さんの中には目にしたことがある人もいるかもしれませんが、近隣マンションの集合ポストにビラを撒くドライバーもおります。

ビラにはおのおのナンバーが打ってあり、どのナンバーのビラから電話が入ったのかで、ポスティングしたドライバーを特定し・・・

その件数により、時給が大きく変わるというようなシステムを取っている店も多かったようです。ある意味実力勝負の「歩合制」ですな。

ただ、実は本来、デリの宣伝広告のポスティングは違法ですので、僕はもっぱら、携帯で時間を潰しながらの待機でしたね。

「あれって、嬢の求人広告のポスティングはOKらしいで?」

同じくデリのオーナーをする友人から、そんな話を聞いたこともありました。

「つまり、求人広告だけど、男が見たら(この店いいなぁ、呼んでみようかな?)って感じに作るってことか?」

「そうそう、そんな涙ぐましい努力をしてる店もあるみたいよ?」

「ふーん・・・。いや、消費者金融の金利くらいグレーやな(笑)パス!」

そんな会話で盛り上がっていると、予定より30分近く早く嬢からの着信。

お客様の中には、満たされると(もうさっさと帰ってくれ)って人も大勢いますから、2時間コースが1時間半になることはよくあることなんですな。

で、車へ帰還した嬢を迎えるわけですが・・・これがもう・・・結構凄いです。

ムンムンと異様な色気

f:id:robin4811:20160803215157j:plain

経験したことのない妙な感じ

今、男の人とのコトを終え、シャワーを浴びて出てきたばかりの嬢というのは・・・何というのか、物凄く色っぽいのです。

艶っぽいというか、何か艶めかしいというか。

(ついさっきまでそういう行為をしてた)ということが僕の頭にあるから、という部分が大きいんでしょうが、特にその日3人目のお客様を終えた・・・とかの嬢は、独特のけだるさみたいなものが漂っておりまして、正直ちょっとドキッとします(笑)

風俗業界にいる男性にとっての最大のダブーは、「お店の女性に手を出すこと」。

そこにいる男性が「嬢を女性として見ない」ということを肝に銘じていないと、絶対に店はうまくいきません。

特にうちのような、雰囲気がいいことだけがウリのこじんまりした店において、オーナーがスケベ心を刺激されるのは由々しき事態なんですが、この、

「コトが終わった嬢を車に迎え入れた後の車内」

だけは、ぶっちゃけムラッとしたことがあります(笑)

で、それを先述したオーナー友達に言うと、彼は食い気味にこう言いました。

実際、「職場恋愛」は起きてしまうのです・・・

「分かるわ!それは俺も経験ある!実際、うちの店ではないけど、ドライバーと嬢の恋愛って結構あるらしいで?ホレ、例のあの北部の巨乳店の、元嬢やった女オーナーも、ドライバーとデキてしもて・・・」

「ああ!結局あの店、その男と共同経営になったって前言うてたな?その後、その男が店の他の嬢にも手ェ出して、最終的には、嬢共々追い出されたんやろ?」

「そうそう。あと、うちの嬢が前におった店が結構タチが悪くて

「嬢にお手付きしたら100万円」

的な誓約書があったそうな(笑)にもかかわらず、手ェ出す奴はやっぱりおるみたいで、ソイツ、ビビッて飛んだけど

f:id:robin4811:20160704221551j:plain

追い込みかけられて、事務所でボロボロの姿で土下座してたんを見たとかなんとか・・・」

「ひゃあ~!

「今この子とできるなら100万円+ボコボコにされても納得」

って欲情、俺にはないわ"(-""-)"」

ただ、そうは言うものの、抑えがきかなかったそのドライバーの気持ちも、ちょっとは理解できる旅寅でした。

確かにあの雰囲気は・・・

異様"(-""-)"

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の43歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的にライター活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

※筆者コラム、連載中。

work-mikke.jp

☝今回はデリヘル嬢の稼ぎです。