読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜行性🌙サナトリウム

大阪在住のオジサンが戯言、譫言、寝言の数々を綴ります。

【草食系に捧ぐ】バイアグラ系勃起剤体験記~決めてやれ今夜!~

【勃たない】【勃ちが弱い】について真面目に書く

f:id:robin4811:20160522013615j:plain

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の43歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的にライター活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

※筆者コラム、連載中。

work-mikke.jp

☝今回はデリヘル嬢の稼ぎです。

 勃てよ眠れる獅子どもよ!

 先日、知人が彼氏とめでたく結婚した。

ただ交際時、その彼氏はなかなかHに移行しなかったそうだ。

不審がる彼女に焦ったのか、彼はある日彼女をホテルへ誘い、そしてここ一番であるそのベッドの中で、遂にカミングアウト。

 

【俺・・・1人でなら勃つんだけど、相手がいるとなかなか・・・】

 

つまりEDである。

30代と若い彼の場合は、恐らくは心因性かもしれない。

別に珍しい話でもなんでもないことだ。

彼女は病院へ行くことを勧め、彼はそれに素直に従い、受診をして、お医者様からバイアグラを処方された。で、もちろん余裕で合体性交・・・いや、成功。

その後、2人はめでたくゴールインしたというわけです。

(じゃあその彼が勃起することがなければ、2人は結婚しなかったの?)

その知人女性に関して言えば、答えは「YES」でしょうね。

別に彼女は特筆するような肉食系でもなさそうですが、年齢的に子供を早急に欲しがっていたし、素直に「ちょっとずっと勃たないのは厳しい」と口にしてましたから。

多少、淡泊程度なら許容範囲だという人もいるでしょうが、殆どの女性が、男性には最低限の肉食を求めるのではないでしょうか?

それは恐らくやらしい意味では全くなく、安心できる相手とのSEXを長く楽しむ、という側面もあれば、夫婦の愛を確認するコミュニケーションとしてあった方がいい、というのも当然あると思うのです(結婚して子供が生まれれば、その時はその時で2人の感覚もまた変わるもんですが)

(本当にHなんて相手が誰であれ一切したくない・汚い・めんどくさい)

という若い男女が昨今増えているらしいですが、そういう人同士が結び付くのは特に問題がないでしょね。

ただ、片方に普通にそういう欲求があるのに、片方にない場合は必ずどこかでひずみが生じます。いや、そりゃ「ない」場合ならどうしようもありませんが、男性側が「あるのに勃たない」という場合でその人が健康な場合は、お薬を処方してもらうか、そういう系のサプリメントを毎日服用するのも悪くはないと思うのです。

現代の日本人男性の4人に1人はEDというデータがあるくらいですから、別に珍しい話でも何でもありません。

つまり、恥ずかしがる必要も悩む必要もないということですね。

 

3大EDの要因

・加齢による男性ホルモンの低下・動脈硬化

・心理的なストレス

・生活習慣病

 

勃起剤体験記

旅寅は25歳から10年以上同じ女性と交際をしておりました。あまり生々しいことを書くと恥ずかしいのですが、1人の女性を長期的に愛で続けると、男性の多くはどうしてもHに対しての意欲や反応が落ちてきます。

20代の頃は1日複数回していたソレが、徐々に減り、30を超える頃には月1、2回とか、酷い時だと「前いつしたっけ?」ということも・・・。

そんな時、僕の仲間内で一時流行したのが「奇跡の薬」と言われた【バイアグラ】でした。30代って意外と精力が落ちる人、多いみたいですね。

 

概要

f:id:robin4811:20160704220505j:plain

バイアグラとはED(勃起不全)治療の効果がある世界的にも有名な医薬品です。ED治療薬として世界で初めて製品化され、1998年1月にアメリカで発売されました。青色で菱形の外形が特徴ですが中身は白い薬剤です。またバイアグラは薬価基準未収載であるため保険適用外の薬に分類されるので国内どこの医療機関に行っても自費診療となります。当然、保険証も必要ございません。

アメリカでの発売当初、男性にとっては「夢の薬」の登場とだけあって、話題は瞬く間に日本国内でも広がりました。「自分も試してみたい!」と思った多くの日本人が個人輸入業者を介してバイアグラを入手するようになりました。

開発にまつわる逸話

バイアグラの製造元であるファイザー株式会社はシルデナフィルという成分を用いて、研究所にて元々狭心症の治療薬の開発を進めていました。成果が得られないので臨床試験で試験の中止を決め、治験者達から予備の治験薬剤の返却を求めたのですが、なぜか返却をしたがらない人が大勢居たそうです。詳しくその理由を調査してみると、勃起を補助する作用があるためだということが判明。こうして、偶然にもシルデナフィルに勃起不全を改善する効果があることが発見され、人類史上初のED治療薬が誕生しました。ちなみに、バイアグラの名前の由来なんですが「Viagra」は【VITAL(生き生きとした)】と【NIAGARA(ナイアガラの滝)】の二つの単語を合わせて出来た名前で、「男性の精力(生命力)がナイアガラの滝のように溢れ出るほど満たされる」といった意味が込められています。

服用を避けるべき人・NG・副作用

バイアグラは元々が狭心症の薬として開発されていますから血流を促す為、心臓や肝臓が悪い方、低血圧高血圧の方、脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴がある方は服用を避けなければいけません。(硝酸剤との併用は厳禁)

あと、沢山お酒を飲んだ後や満腹時は効力が落ちるそうです。

副作用は「顔のほてり」「目の充血」「頭痛」「動悸」「鼻づまり」等。

※詳細は処方して下さるお医者さんにちゃんと尋ねて下さいね。

体験記

僕が一時期飲んだのは25mmの方です(威力倍増の50mmもあります)

僕の場合、長年付き合った彼女相手では勃ちが悪かったものの、たまに付き合いで行く風俗や1人Hでは普通でしたので、小さい方の錠剤でした。

とりあえず、コトに及ぶ数時間前くらいにお水で飲みましたら、確かに2時間ほどして少し、鼻がつまる感じが。頭痛こそあまりありませんでしたが、同時に目の充血と顔のほてりは確かに生じます。

ま、教科書通りの症状ですね。

とりあえず、僕は彼女にバレたくなかったので、目薬さして、ロキソニン飲んだら全て普通に戻りました。(双方併用OKみたいです)

で、行為自体は飲んでから結局4時間後くらいになったのですが、結論から申しますと、とりあえず【とてつもない硬さ】になりました。

反り・伸びともMAX感が半端なく、ついでに付け加えるなら持続力が凄いです。

元々、僕は遅漏でも早漏でもない部類だと思うのですが、1発目からもう、全然射精感が来ません。多分、普段の5倍くらいは腰を振り続けたでしょうか?

で、果てまして、また飛びが凄い(皆さんは避妊してね)

まるで坂上二郎のようです。

f:id:robin4811:20160704221645j:plain

ふぅ~・・・と倒れ込み、ちょっと彼女の体に触れていますと・・・すぐに復活。

 その復活力たるや、呆れるくらいです。そしてまたMAX感。2度目だからと何かが低下するわけでは全くありませんで、再度普段の5倍は行為を継続。

そしてやっぱり、飛びも変わらず二郎です。

f:id:robin4811:20160704221645j:plain

結局、その日はあと2回してしまいまして、彼女に

【今日凄いぃぃぃーーー!?】

と絶叫された僕は内心

【ドーピングしてるからや!!】

と絶叫し返した次第です。

 

で、服用後の「力」なんですが、排尿をするたびに「抜けてゆく感」がありますよね。効き目に関してはそんなに長くは持ちませんので、早く普通に戻りたい方には本家バイアグラがお勧めです。

 

以降、そのあたりの知識を友人達と共有した結果、バイアグラよりもシアリス(効果が3日間位続く)タダリス(インド版シアリス・安い)の方が良いという結論に達しまして、計10回くらいは服用しましたが、シアリス系は体から抜けるまで数日むやみに勃ちますので、翌日ヤクルトのおねーさんの脚見て勃起したのは困りました(汗)

ただ、副作用はバイアグラに比すれば随分マシです。

あと、レビトラという「副作用最小」を謳われるものもあるのですが、僕は体に合わなかったのか、シアリスの方が副作用がなかったですね。

効き目はバイアグラ・レビトラ・シアリス共間違いないです。

もっとも僕の場合は早々に彼女にバレまして(隠してたら見つかりました(笑))【こっちの体が持たないから】ということで、スッパリやめました。

 

 あんまり長いこと服用するとそれなしだと不安になると思われ、僕の友人達も同じ不安を抱いて一斉に手を引きましたね(笑)

 

ここ1番、今夜は外せない

 

という時だけ、そっと飲んでみるのもありかもしれません。

以上、思い悩む真面目な男性に送る記事でした。

※処方してもらう際は医師の話をきちんと聞きましょう。

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の43歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的にライター活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

※筆者コラム、連載中。

work-mikke.jp

☝今回はデリヘル嬢の稼ぎです。