読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜行性🌙サナトリウム

大阪在住のオジサンが戯言、譫言、寝言の数々を綴ります。

【必聴!】絶対に聴いて欲しい!隠れた名曲

僕がきらいな歌 THE BOOM
f:id:robin4811:20160513021108j:image

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の43歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的にライター活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

※筆者コラム、連載中。

work-mikke.jp

☝今回はデリヘル嬢の稼ぎです。

ミスチル以外も聴くよ~

僕は自他共に認めるMr.Children、というより桜井和寿ファンなんですが、ミスチルにハマる前はTHE BOOM宮沢和史氏のファンでした。彼が創る情景が浮かぶような名曲の数々がほんとに好きで、一時はそればかり聴いていたくらいです。『ダーリン』『釣りにいこう』『中央線』『気球に乗って』『からたち野道』などは、どれもこれもまるで宝石のような名曲。当時の僕は今後もずっとMIYAのファンでいると思っていたのですが、皮肉なことに、今回紹介する『僕がきらいな歌』から数年後に出たアルバム『思春期』の中には、もう僕の愛したTHE BOOMはいませんでした。『島唄』や『風になりたい』でそこからまたブレイクしたTHE BOOMの、スケールの大きな、まるで世界を意識したような音楽性に、僕はついていかなかったのです。アーティストの変化に、新しいファンができて、古いファンが離れる新陳代謝が起きるのはあまりにも当たり前ですが、もうあのMIYAの、情緒溢れるノスタルジックな歌が聴けなくなるんだなと思うと痛恨の極みでしたね。事実、以降、THE BOOMは変貌を重ね、先年活動を終えるまで、遂に原点回帰はしませんでした。ま、それもまた、アーティストとしては素晴らしいことだったりしますよね!
では『僕がきらいな歌』です。ごゆっくり、お楽しみ下さいませ♪
 
僕がきらいな歌  
        作詞作曲 宮沢和史
 
あの娘は僕を困らせるために
僕がきらいな歌を歌うのさ
旅先からでも電話の向こうで
僕がきらいな歌ばかり歌う
 
やがて来る 災いに
怯えるたびに 夜空に紛れて
風を登り 星になって
町中の幸せ数えていたね
いつもそばにいるよ
 
君の歌はまるで悪魔の叫び
毎日鼓膜が引き裂かれそう
僕が病に打ちひしがれてても
枕元で呪文のように歌う
 
にぎやかなとなり町を 
キラキラした目でのぞいていたね 
風を登り 星になって 
町中の幸せ数えていたね 
今日もそばにいるよ 
 
やがて来る 災いに
怯えるたびに 夜空に紛れて
風を登り 星になって
町中の幸せ数えていたね
いつもそばにいるよ
 
君が将来に絶望しても 
僕は何もしてあげられないから 
僕のおでこにあぐらをかいて 
僕がきらいな歌でも歌いなよ
 
以下、review
 この曲は、およそラブソングらしくないのですが、歌詞を読んでみたら、やっぱりラブソングのようですね(笑)彼女に対する苦情が大半なわけですが、ちゃんと『愛』が散りばめられていて、いかにも『MIYA、ここにあり』的な楽曲になっております。THE BOOMのこの当時の一連の名曲のメロディーラインと歌詞は、どれもこれもどこかノスタルジック。原子爆弾を意識して書かれた『ダーリン』、反戦歌であろう『からたち野道』、天安門事件を意識して書かれた『気球にのって』、失恋歌ともとれる『中央線』など、曲の背景やテーマがたとえ悲しいことだとしても、どこか温かささえ感じてしまうのです。古き良き時代の日本の田園や里山の風景や、小川のせせらぎ、小春日和、畳の匂い。ゆったりとした曲調に優しいMIYAの声が重なると、郷愁を感じずにはいられません。特に『釣りにいこう』(※矢野顕子とのデュエットじゃないオリジナルVer.の方)などは、歌詞の世界にムーミンの『スナフキン』が間違いなく横たわって昼寝をしていますよね(笑)
自分が好きな曲のreview記事を書くなら、本来最愛のMr.Childrenの楽曲からどの曲かをチョイスするところなんですが、止めました。だってミスチルの曲なんて誰でも知っているし、それはブログの中でこれからも書くだろうから。でも『島唄』=THE BOOMのイメージしかない世代の方に、どうしてもこのマイナー極まる隠れに隠れたラブソングを知っていただきたかった。(島唄は素敵な曲だけど、THE BOOMにはもっと素敵な曲が沢山あるんだよ)と、要はそれが書きたくて、この曲をチョイスした次第です(笑)そしてなんで数多あるTHE BOOMの名曲達から敢えてこの『僕がきらいな歌』をチョイスしたのか、なんですが、ぶっちゃけていえば昔の彼女との想い出の曲だからです(笑)そして、終盤の歌詞があまりに好きだから。
 
『君が将来に絶望しても
僕は何もしてあげられないから』
 
(えっ!?普通はそこは『僕が守ってやる』とか何とか言わねぇか!?(笑))
 
この歌詞の『僕』の脱力の仕方というか、正直さというか、ヘタレっぷりが可愛くて大好き♪でも『いつもそばにいるよ』とは、言ってあげたりね(笑)
何か逆に誠意を感じてしまうのです。
 
(あ、僕、保証できないことは口にしないんです。だって君には嘘はつきたくないから。君が将来に絶望しても、僕は僕以上のことはきっと何もできません。でも、ずっとそばにいるし、僕がきらいな歌でも君が歌うなら、ずっと聴いてあげますよ)
 
昨今のEXILEのラブソングに出てくる『彼』とは一味違うこのヘタレっぷり、いや、オリジナリティー、素晴らしいでしょ?(笑)
そして何より
 
『僕のおでこにあぐらをかいて』
 
という一節。初めて聴いた時は衝撃でしたね。
 
(ああ、何て素敵な詞なんだ!)
 
こうして『僕がきらいな歌』は、『僕が大好きな歌』になりましたとさ♪
 
おしまい♬

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の43歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的にライター活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

※筆者コラム、連載中。

work-mikke.jp

☝今回はデリヘル嬢の稼ぎです。