読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜行性🌙サナトリウム

大阪在住のオジサンが戯言、譫言、寝言の数々を綴ります。

ベッキーの涙~あんなに叩いていたのに~

時事ニュース

世間はベッキーを許容ムード?

f:id:robin4811:20160514183147j:image
この数日忙しくてブログの改装も、読者登録して下さった方々、ブクマ、★くれた方々へのお礼もできず、申し訳ありません。個人的に6月序盤までは勉強と執筆に追われてまして、また良い報告をここでできたらいいなと思っております。とりあえず、書きたくなったので少しだけ更新(笑)
 
ベッキーが金スマに出て謝罪し、川谷氏がブログで謝罪し、ようやくこの不倫騒動にも、『終わりの始まり』が見えてきたようです。今はまだお祭り騒ぎが続いていますが、さすがにそのうち下火になってゆくでしょう。
 
ベッキーはTVに復帰し、またこの話題によって『数字が稼げるタレント』として色々番組に出るだろうし、川谷氏は変わらず歌を創作し、歌い続けてゆく。彼自身も書いてましたが、それを生業とする彼らには、公的にはそれしかできないわけですから。 
 
『国民に謝罪会見しろ』なんてサディスティックな芸人の方もいらっしゃいましたが(笑)ま、収まるとこに収まったわけで、良かったと思います。
 
 
さて、ここからはあくまでも私見です。
 
 
ベッキーの番組後のネットのリアクションを見て、僕は軽い目眩を覚えました。そして浮かんできたのが、なぜか三島由紀夫が切腹して果てる前にした演説の冒頭部と、宮崎駿が『もののけ姫』の中で、乙事主様に放たせたセリフです。
 
 
『戦後の日本は経済的繁栄にうつつを抜かして、ついには精神的に、空っぽに陥って』
 
乙事主
『ワシの一族を見ろ。みんな小さくバカになりつつある』
 
 
あの番組を見て、ベッキーの涙を見て、あれだけ彼女を叩いていた連中の態度が軟化したのです。『ストレス社会から来る不謹慎狩り』はまだ理解できても、このひどい『安易さ』には正直驚嘆し、且つ、呆れました。
 
 
そんな安易な人間になってはいけないと、改めて『謙虚さ』というものを考え直したのです。
 
 
多分、僕などより頭の良い感性の豊かな恥を知る多くの方は、この安易ささえ理解していらっしゃったのでしょうね。そんなに安易な人が大勢いるなら、いくら素人でも、罪浅き誰かに対しての私見を発信する時は、言葉を選ばなきゃいけないかもしれない。
 
 
政治家の腐敗を叩くのとはワケが違うのですから。いや、政治に対してさえ、口にしない人もいる。僕の尊敬するミスチルの桜井氏が政治的なことは口にしない理由は、以下だそうです。
 
 
「ミュージシャンがライブ会場などでメッセージを発信することもあるが、彼らが信頼されてるのは音楽があってこそ。なのに自分自身が信頼されていると勘違いし、言葉を発信するのは謙虚ではない」
 
 
謙虚。
 
いい言葉ですね。
その言葉を胸に、これからも文章を綴ろうと思いました。
 
 
そもそも、ベッキーはここまで叩かれるほど悪かったのでしょうか?『罪浅き』と前述しましたが、彼女に対して必要以上に、安易に、良いイメージを持っていたのは、大衆や企業です。(それは前の記事で書きました)
彼女はある側面は被害者でさえあり、結果的に女心を制御できなくなってはしまいましたが、悪いのは彼の最初の『嘘』でしょう?
 
僕は彼女のファンでは全くないし、タレントとしての彼女に『いい子イメージ』なんて感じたことはありませんが、それでも、女心は多少は分かる。
 
 
どう考えても、彼が夕べのブログで書いたことを早々に発表していれば良かったのです。
 
 
いや、でも、それでさえ、よくあることです。
 
 
彼が既婚であることを言わずに(言えずに)恋を始めてしまったことは悪いことですが、僕の友人にさえ、既婚であることや、彼女がいることを隠して女性を口説いている奴なんて3、4人います(笑)幾ら『別れろ』と言っても、旦那を裏切り続けている女性もいますし、中には同じ社内で複数の既婚者に抱かれてる女性や、複数の女を抱いてる男もチラホラ(笑)
 
 
男女のことなんて、ほんと、大昔から繰り返されてきた人間のサガなんでね。川谷氏も既婚者でありながらベッキーに惚れたんでしょうね。綺麗な人だし、国民的有名人だしね。我を忘れたのかもしれない。
 
 
もちろん、それは悪いことだけど、その時の夫婦関係の状態などもあるから、やっぱり人がとやかく言うことじゃないんですよ。改めて思いました。
 
 
日本は今、『商業主義』に塗りつぶされています。物事の本質や価値、大切なことは二の次で、要は金や数字になればいいという風潮が溢れています。
 
始めたばかりの僕が書くことじゃありませんが、読者さんのブログ巡っても、メチャメチャ心に刺さる、目に止まる面白いテーマや、いい記事書いてる人のブログがこじんまりしてて、やたらと『PV増やして儲けたい』みたいな方のブログが弾けてるの見ると、ちょっと切なくなりますよね(笑)
 
 
大丈夫、あなたのブログ、僕は大好きです(笑)