読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜行性🌙サナトリウム

大阪在住のオジサンが戯言、譫言、寝言の数々を綴ります。

【君の名は】を超える!?音楽で辿る、ちょっと懐かしい「アニメの名作」

【君の名は 】超大ヒット中ですね。

f:id:robin4811:20161025021334j:plain

※当ブログからのお知らせ

当ブログ主旅寅によるビジネス論、好評連載中です。

work-mikke.jp

是非、ご一読を♪

※最初に書きます!今日の記事は立ち上がり重いっす(笑)

宮崎駿氏が引退し、スタジオジブリのピークが過ぎて久しいですが、それでもなお、日本のアニメはいまだ優秀ですよね。庵野秀明氏、細田守氏、新海誠氏と、旗手と呼べる才能も続々と生まれ、今後も名作・傑作が生み出され続けることでしょう。ところで私、旅寅は、自他ともに認めるアニメ好きなんですが、僕を決定的にアニメに引き込んだのは、宮崎駿氏でも富野由悠季氏(ガンダムね)でもなく、ある1本の作品でした。

昭和アニメのポイント

元々、子供の頃から普通にアニメは好きでした。僕らの幼少時はとにかく沢山のアニメが放送されていて、ここで好きだった作品を挙げ始めたらキリがなくなるのでやめときますね。それでも、特筆点を何とか4点にまとめるなら、まず、

 

【声優・野沢雅子さんの際立った偉大さ】

 

には触れざるを得ないと思います。

若い方々の間では、今、かなり熱いことになっている【ドラゴンボール超】の悟空・悟空ブラックの声のオバサン・・・のイメージが強いでしょうが、彼女の声を僕ら40代のオッサンが聞いたら、悟空だけじゃない何人ものアニメの主役が浮かんでくるのです。

 

トマス・ソーヤー【トム・ソーヤーの冒険】

www.youtube.com

その他、ドロロンえん魔くん、銀河鉄道の鉄郎、釣りキチ三平、怪物くん、まいっちんぐマチ子先生のケン太等・・・

 

パッと浮かんだだけでもこの主役たちですから、Wikipediaで調べたらまだまだ出てくるでしょうね。次に、何といっても

 

【藤子不二雄】

 

の全盛期(アニメ原作者として)だったということ。

 

【エスパー魔美】

www.youtube.com

あと、ドラえもんに、怪物くんに、忍者ハットリくんに、オバケのQ太郎に、笑うせぇるすまんに、プロゴルファー猿等・・・。

 

個人的には【怪物くん】以外は旅寅少年には全く刺さりませんでしたが、やはり周囲の子供たちには圧倒的に支持されておりました。次に、やはりこの人、

 

【天才・宮崎駿氏】

 

宮崎さんが関わったテレビ作品は、それこそ「ことごとく」名作揃いでしたよね。

 

【あらいぐまラスカル】

www.youtube.com

 

 その他、母をたずねて三千里のマルコ、アルプスの少女ハイジに、名探偵ホームズ、赤毛のアン、未来少年コナン等・・・

 

若い皆さんにとって【コナン】とは【名探偵】の方でしょう?僕らオッサンにとっては、コナンとは【未来少年】になります。ちなみに、この【未来少年コナン】はまさに傑作中の傑作で、以降の一連のジブリ作品に勝るとも劣らないクオリティです!(観てない方は是非!)そして最後に、トドメの

 

【機動戦士ガンダム】

 

ですわね。予約をしても入荷未定だったプラモデル(通称・ガンプラ)の強烈な争奪戦もさることながら、どう考えても子供向けとは思えないシリアスな内容は、まさに衝撃的でした。

 

【人類の革新】

ニュータイプ

【復讐者の仮面】

赤い彗星のシャア

【戦争による死】

マチルダ、リュウ、ミハル、ランバ・ラル、スレッガー、ララァ等・・・

 

そして挙げればキリがない、作中の名ゼリフたち・・・

 

【親父にもぶたれたことないのに!】

   BY アムロ・レイ

【ボウヤだからさ・・・】

   BY シャア・アズナブル

【悲しいけどこれ戦争なのよね!】

   BY スレッガー・ロウ

【敢えて言おう!カスであると!】

   BY ギレン・ザビ

www.youtube.com

ちなみに、現在も新作、派生作品が出続けるこの機動戦士ガンダム(通称・1stガンダム)ですが、最初の放映時視聴率不調で短縮させられた・・・というのは有名な話です。それがプラモデルや一部コアなファンの熱狂が社会現象を生み、テレビで再放送を重ねるたびに視聴率があがり、しまいには映画三部作まで作成され、その勢いは40年近く経過した今も消えていないわけで・・・

どれほどの名作か、わざわざ僕が説明する必要もないですわね。

ちなみに、原作者の富野氏は「皆殺しの富野」や「白富野・黒富野」などの異名を持つ方で、ガンダムはそれでもあまりキャラが死ななかった「白富野」作品だそうな(結構死んだけど)ちなみに、ガンダムの次作「伝説巨人イデオン」の映画化においては、結末、登場キャラが【全員死ぬ】という凄いことになったことを、ここに明記しておきます。少年の僕は、ガンダム共々父親と映画館に行ったんですが、あまりのことにおかんに聞いた記憶があります。

 

「え?これってみんな死んだの?違うよね??」

「う~ん・・・よぉ分からん・・・」

 

オヤジの返答が、いかにイデオンがヘビィな作品かを物語っていますよね。

OVA「メガゾーン23」

ガンダムはある意味、エポックメイキング的なアニメだったと思います。幼児向けばかりだった「TVマンガ」が、青年や大人も楽しめる「アニメ」に昇華したきっかけになったのは、僕らの世代としては「1stガンダム」「角川アニメ」「超時空要塞マクロス」の力が大きい。何しろ主題歌は大ヒットしたし(音楽とのコラボ)、関連商品も無数に出たし、アニメ雑誌というジャンルが発行部数を大きく伸ばしたのにも大きく影を落としたはずです。声優という職業に光が当たり始めたのもこの頃で、以降「エヴァ」が発表されるまで、社会現象にまで発展した作品はなかったように思います。

僕は中学時代、尾崎豊に出会うまではアニメに夢中でした。

それこそ、TVの主要なアニメや公開されるアニメ映画は大半観た上に、物凄い数の映画も観たんですが、それのきっかけ、始まりになったのが「アニメ」でした。更に漫画、小説、音楽と、10代後半はひた色々な作品に触れました。そういう意味では自分の「良質な作品鑑賞欲」を駆り立てた恩人は「アニメ」ということになります。

幼少~青年時、特に好きだった作品を並べてみましょう。

 

「超時空要塞マクロス」

www.youtube.com

リン・ミンメイと飯島真理ですな。

「じゃりン子チエ」

チエのパパ、テツのモデルは「マテンの黒シャツ」こと柳川次郎氏という噂。

「赤い光弾ジリオン」

www.youtube.com

主題歌が当時としては超オシャレでした。

「風の谷のナウシカ」

女優で木梨さんの嫁の安田成美さんが主題歌歌ってましたね。

「機動戦士Zガンダム」

森口博子の歌の上手さとフォウ・ムラサメ、衝撃のラストが印象的でした。

「機甲戦記ドラグナー」

www.youtube.com

山瀬まみの歌の上手さと「グラドスの蒼き鷹」ですよね。

「蒼き流星レイズナー」

www.youtube.com

主題歌は名曲で、AKBで有名な秋元氏の作詞です。

「天空の城ラピュタ」

初回上映に行き、「認定証」貰いました。

「AKIRA」

ヤンマガの連載を中断され、禁断症状に陥いりながら公開を待ちました。金田のバイク、最高でしたね。芸能山城組、最高~。

あと、「アリオン」とか「ダンクーガ」も好きでしたね。

 

で、冒頭に戻ります。ここに並べた作品たちは、それぞれが掛け値なしに面白いのですが、僕がアニメにのめり込んだ決定打は、TVや映画ではないOVAアニメ「メガゾーン23」です。

 

OVAとは?

オリジナル・ビデオ・アニメーションは、記録媒体での発売またはレンタルを主たる販路として作られる商業アニメ作品。通称はOVA(オーブイエー)。オリジナル・アニメーション・ビデオ(OAV)とも称される。

名称の示す概念から判断すれば、テレビ放送、劇場公開、オンライン配信などは本来の目的ではないものの、OVAが発売前にテレビ公開されたり、同時期に劇場公開されることなどもあり、ある作品が「OVAであるかそれとも劇場公開アニメであるか」については判断基準が曖昧な場合も存在する。広義においては「オリジナルビデオ」の範疇に含まれるが、アニメ作品を含めない「狭義のオリジナルビデオ(=実写作品)」とは異なる独自の発展を遂げた。なお、「OVA」はいわゆる和製英語である。本項では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。

※Wikipediaより抜粋

 

詳しくはWikipediaに任せますが、要は「レンタルビデオ」全盛期に発表されていた「オリジナル・ビデオ・アニメーション」の略ですね(公開されたアニメ映画も次々ビデオ化され、気軽に観れるようになっていました)多分、OVAに関しては、琴線に触れそうな作品は殆ど観たと思います。

「幻夢戦記レダ」あたりから何となく観始め、「ウィンダリア」「愛・おぼえていますか」等もビデオを借りて観た記憶があります。その後ほどなくして前述した「メガゾーン23」(3部作)に出会うのですが、これがもう色んな意味で強烈でして・・・。

f:id:robin4811:20160709200405p:plain

※画像はメガゾーン23の象徴・時祭イヴ

 

結構、エロい(笑)

そして、超グロい(2が凄い)

 

特に1と2(2はひときわヤバい)は、親と一緒には観れないレベルです(笑)

※当時、「くりぃむレモン」という18禁作品群も有名でした。

更に、時祭イヴという魅力的な「バーチャル・アイドル」と、ストーリーの秀逸さ、実際に発表されていたイヴ(宮里久美)の楽曲の良さも相まって、多分、メガゾーンの衝撃でアニメにひときわハマったオッサンは僕だけではないと思われます。

以降、「湘南爆走族」シリーズ(まだ無名のミスチルが主題歌歌ってました)

www.youtube.com

銀河英雄伝説など(日本の声優の有名どころはほぼ総出演のため「銀河声優伝説」との揶揄もあった)漫画や小説の名作が映像化されたのもOVAでした。

小学~中学生時代、こうして、僕はジブリ映画とOVAを順次チェックする根暗な少年として、弾けることなく地味に生きていたのです。

アニメへのスタンスの変化

僕を決定的にアニメから遠ざけけるキッカケになったのは、「音楽への傾向」です。尾崎を知り、バンドを始めたことも要素の1つだったのですが、何よりも大きなポイントは「ジブリからの卒業」でした。現在においては「バルス祭り」で有名な「天空の城ラピュタ」には後日談があることを、皆さん、ご存知でしょうか?

徳間書店から出た小説版においては、パズーとシータは以降も手紙でやりとりを続けており、復活した海賊ドーラ一家も、軍の給料を強奪して新聞を騒がせることが描かれております。そして、劇中パズーが作っていた飛行機がもうじき完成間際で、できあがったら会いに行くよ・・・という彼からの手紙を読むシータの、伸びた髪(劇中ムスカにピストルで切られた)が風に揺れている描写で、物語は終わるのです。

僕はナウシカよりもラピュタで宮崎氏に「惚れた」クチですから、以降も、ずっと「ラピュタ的」な、少年と少女の冒険活劇をジブリには期待しておりました。

確かに「トトロ」も「魔女」も「紅」も良かったし、めっちゃ面白くはあったのですが、何となく(これじゃないんだよなぁ・・・)と、気が削がれていくのを感じていたのを覚えております。そして集大成である「もののけ姫」後の宮崎氏の引退発言・・・。

 

宮崎駿氏の作品は、誤解を恐れずに言えば多くの作品が「異口同音」です。

 

コナン・ナウシカ・ラピュタ・もののけ・千と千尋あたりは、僕の中では全部同じです。つまり「自然や環境破壊に対する警笛」が根底にあり、それは宮崎氏のライフワーク的テーマだと思います。

(「シュナの旅」を読めば、早い時期から「もののけ姫」が頭にあったことは分かります。是非読んでね)

f:id:robin4811:20161025025702j:plain

※シュナの旅の1シーン

 

「もののけ姫」は集大成に相応しい名作でした。

 

でも宮崎氏は引退せず、以後、「ポニョ」「ハウル」「千と千尋」「風立ちぬ」を制作した。それらはそれぞれ「名作」であり、宮崎氏が「天才」であることを更に実証したことは間違いないと思いますが(興行的に大成功したしね)僕が最後に行ったロードショーは「もののけ姫」でした。

恐らく、宮崎氏がどうこう、ジブリがどうこうではなく、僕の中で、何かが変わっていったのでしょう。

ラピュタを探して空を見上げた旅寅少年は、恋を知り、現実を知り、大人になったんだと思います。

名作アニメ作品5選

では、超お勧めの作品紹介に移りましょう。旅寅が観た膨大なアニメの中で、特に推薦する傑作を5つ、ピックアップしたいと思います。

 

ストレンヂア 無皇刃譚

http://www.stranja.jp/

これは間違いなく男子向け。色恋は皆無の「チャンバラ映画」です。冒険活劇としても秀逸ですが、お互いの強さに惹かれ合った2人の男が、ひたすら斬り合うラストは圧巻の一言。もう、思わず手に汗握ってしまいます。「痛みがある方が生きている気がする」という名セリフには痺れました。TOKIOの長瀬君が主人公の声優で、ライバルが山寺宏一氏という物凄い「声優力ギャップ」もあるのですが、個人的には意外に大丈夫でした。

 

海が聞こえる

海がきこえる - Wikipedia

多感な高校生の恋と友情、成長を描いた「非宮崎駿」なジブリ作品です。観たら間違いなく、もの凄く親友が欲しくなり、恋がしたくなります。氷室冴子さん原作のノベライズをアニメ化したこの作品は、若い人、特に「君の名は」にハマった人たちに観ていただきたいですね。

 

 カウボーイビバップ

www.youtube.com

菅野よう子さんのスタイリッシュな音楽と、人間ドラマに富んだ群像劇が特徴の傑作アニメ。僕が大人になってから観たアニメの中で、それこそダントツに面白かった作品です。声優のハマり方(山寺宏一、林原めぐみ、若本規夫等)も特筆モノですが、とにかくキャラ1人1人が抱えるドラマが思いっきり光ります。大人の男女は絶対観るべきですな。

 

機動戦士ガンダムUC

www.youtube.com

1stガンダムの大ファンである人気小説家・福井晴敏氏が書き下ろしたオリジナルガンダム作品。いわゆる宇宙世紀モノの流れを汲む作品で、「逆襲のシャア」の後、「閃光のハサウェイ」や「F91」の前に起きた紛争を描いた物語です。

福井晴敏 - Wikipedia

(ちなみに、この福井氏が結婚した際の仲人はガンダムの生みの親、富野氏らしい)「機動戦士ガンダム」「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ZZガンダム」「機動戦士ガンダム0083」あたりの要素を細かく拾う、現在オッサンのガンダムファンにはサービス満点のたまらない作品ですが、ただ、それらを観ていなくても普通にハマれる名作です。開かれれば地球連邦政府がひっくり返ると言われる禁断の箱「ラプラスの箱」を巡る群像劇に絡んでくる、ザビ家のお姫様、「赤い彗星の再来」、そして、新しいニュータイプたちだなんて・・・

さすがベストセラー作家、お見事でした。

 

オネアミスの翼~王立宇宙軍~

www.youtube.com

さえない若者たちやオッサンたちが「宇宙へ有人ロケットを打ち上げる」という無謀な目標を持ち、それに向けて全てを賭けて突っ走る見事な作品。この作品は地味ですが、はっきり言って殆どのジブリ作品を上回るほどの名作だと思います。「シンゴジラ」「エヴァ」の庵野監督が手掛けた圧倒的な映像は、近年においても彼自身、「映像としてはオネアミスが1番」と明言したというシロモノ。秀逸な物語とビジュアル、素敵な音楽(坂本龍一)がこれほどマッチしたアニメは物凄く稀少だと思います。ちなみにこの作品を絶賛&批判した宮崎駿氏と、監督の山賀氏が口論となった対談は超有名(笑)

 

いかがでしたか?

若い方には「知らなかった~」という作品もあると思います。この5作、ハズレは少ないと思いますので、暇つぶしに是非、レンタルしてみて下さいね。

※当ブログからのお知らせ

当ブログ主旅寅によるビジネス論、好評連載中です。

work-mikke.jp

是非、ご一読を♪

万引き保安員(♀)を見抜き、観察してみた話

恐らくは引き継ぎの瞬間

f:id:robin4811:20160718213336j:plain

※当ブログからのお知らせ

当ブログ主旅寅によるビジネス論、好評連載中です。

work-mikke.jp

是非、ご一読を♪

大阪にある、某商業施設。

その日、僕は妻子を連れ、そこに入っているドンキホーテで買い物を楽しんでいました。鼻毛用のブラジリアン・ワックスが売り切れで買えなかったのは無念だったものの、それ以外は概ね欲しいものは買え、嫁も満足そうです。

 

「もう今日はここで、買い物全部終わらせちゃいましょ🎵」

 

いつもは近所の激安スーパーを主戦場とする愛妻も、3連休に気が緩んでいるのでしょう。〆は、同施設内のスーパーへ。値段は諸々高いみたいだけど、ま、彼女が「よし」と言えば、我が家はもうそれで全てが【ザッツオール】なのです。

ただ、思わぬ事件はそこで起こりました。

最近の事件は会議室ではなく、どうもスーパーで起きるらしいです。

 

(えっ!?今のアイ・コンタクトは、一体何だ!?)

 

それはちょうど、旅寅一家が生鮮食品売り場にある、従業員用のバックルームへの入り口近くに差し掛かった時でした。

私服の従業員らしき女性(50代、柴〇理恵似)が奥から出てきて、僕の目の前を通り過ぎる際、すれ違う女性(40代、小〇百合子似)とほんの一瞬、目で合図し合ったのです。恐らく、視線の会話の内容は、こんな感じでしょうか。

 

(じゃ、あと宜しくね百合子!この店の平和はあなたに託したわ)

(OK、理恵、任せて!このイズ〇ヤに、悪の栄えた試しなし、よ!)

 

一瞬、まさに刹那のことです。

2人が油断した、というわけでは決してないと思います。

事実、店内のお客の99.9999・・・%は気付いていませんでしたから。

というか、そんなもん、気付く方がおかしいのかもしれません。

ところがタイミングというものは確かにあるもので、その一瞬をたまたま視界に捉え、何となく洞察してしまった男がいました。

鼻腔に貼り付いたハナクソを懸命にほじり取ろうとしながら歩く、旦那でありパパでもあるメタボなオッサン・・・。

 

・・・そう、旅寅(僕)です。

 

(フン・・・万引き保安員って奴か?脇が「みたらし団子並みに」甘いぜ、ベイベー・・・)

 

時間的に考えて、中から出てきた理恵の方は、遅い昼食か退勤か、ってところでしょうか?もしくは、これから2人同時に店舗を巡回するのかもしれません。

ただ、さり気に動向をチェックすると、理恵は手ぶらで店外へ出るようでした。

それに対して百合子のスタイルは、カートに自分のカバンのみ。入ってる商品は皆無です。僕はすかさず嫁に耳打ちしました。

 

「ママ、あの前の百合子、万引き保安員や」

「ゆ・・・百合子!?何でそんなことが分かるん?」

「今、奥から出てきたおばさんと視線で「引き継ぎ」をしたんや」

「ほんまかいな(笑)」

「ほんまや!間違いない!!パパを信じろ!!」

「し・・・信じるのはええけど・・・」

「もしこれが当たってたら、今日の俺はアムロ・レイ並みに勘が冴えまくってるっちゅうことやから、帰りにロト6買うぞ!!」

「う・・・うん。ま・・・まぁ、違うと思うけど??」

 

こうして、旅寅一家(というかパパのみ参加の)の小さな冒険は始まったのでした。

 百合子をロックオンすると・・・

スーパー入り口のカート置き場から生鮮食品売り場までの距離を考えれば、その時点でカートにカバン以外何も入ってないのは、不自然極まりないと言えます。

背後から何となく見ていると、百合子は商品を手に取るどころか見ることもせず、パン売り場まで進みました。もう、レジは至近です。

彼女がもし僕の洞察通り保安員なら、このまままた店内を回るのでしょう。見立てが外れていれば、何かを手に取ってレジに向かうはず。

もうその時点で、僕は

(ブログのネタができちゃった)

と思っていました。うん、こういうのを「降って湧いたような」というんだろうな。

ただブログに書くとなると、せめて自分の洞察が当たっていたかどうか「オチ」だけは確認して帰りたいわけで・・・。

 

「ママ、どう思う?まだカートに何もなしやで?」

「・・・うん・・・さすがにアレは不自然というか・・・完全に保安員やわ。あっ!パパ!?」

 

カート置き場→果物→野菜→生鮮→パンという外周コースから逸れ、ラーメンやお菓子などがある並列コースの真ん中を抜け、振り出しへ戻ろうとする百合子。こうなればほぼ確実です。さすがに何もカートに入れないままスーパーを1週し、また振り出しへ戻る一般の主婦はあまりいないでしょう。

 

「ママ・・・もう買うもんないか?」

「あ、スパゲティ忘れたわ、私パン買ってるから、パパ、取ってきてくれへん?」

 「ラジャー!!」

 

嫁のパン選びはヘビの交尾並みに長く、それは今の僕には好都合でした。別に万引き犯になるつもりはありませんが【今後スーパーに行くたびに保安員を見抜く】という特殊能力を身につけるには、この観察は有意義なはずです(?)

見慣れた百合子の後ろ姿からは、約3m。

これで彼女がこのままここを突っ切り、果物コーナーあたりまで戻って外周をまた回り始めれば、もう「見抜いたブログ」を書いてもいいでしょう。

ところが事態は思わぬ方向に動きました。

何と百合子さん、いきなりのUターン!

頭の動きと視線をチェックするに、どうやら誰かを「ロックオン」したのかも!?

旅寅と百合子のアイコンタクト

旅寅→百合子→怪しい奴

こんな図式ができた日にゃ今度はその「怪しい奴」が気になり始めてしまいますし、更に言えばソイツと百合子の攻防もついつい最後まで見届けたくなります。ただ、嫁もさすがにそれは待てないはずで、今の僕の最優先の使命は、彼女にスパゲッティを届けること一。そう、人間はそれぞれ異なる使命を背負って生まれてくるものです。さすがに「スパゲット」以降も百合子を追跡するのは、僕の趣味ではありません。彼女の業務を邪魔してはいけないし、何より僕にロックオンされていることを保安員側に気付かれるようでは、保安員ウォッチャーとしての僕の矜持はボロボロです。それに、このまま百合子の背後を歩き続ければ、万引き犯が捕まるより先に、僕が「変態」として捕まってしまうかもしれません。

 

(じゃ、せめて最後に・・・)

 

僕は、すれ違う百合子の目を敢えて見て、無言のメッセージを送ることにしました。

一瞬交錯する、2人の視線。

 

(東京を・・・いや、イズ〇ヤを頼んだぞ、百合子!ただ俺ごときに保安員と見抜かれているようではダメだ。もっと精進して、最高の万引きGメンになってくれ・・・)

 

(ゲッ?何、コイツ?キモッ(; ・`д・´))

 

スパゲティを手に自身を見るオッサンに怪訝そうな一瞥でそう応え、また店内の雑踏に紛れてゆく百合子。TVの情報番組で凄腕保安員のドキュメントを見たことは幾度もありますが、本物に気付いたのは初めてでした。

 

「ってかパパ、よー気付いたね?言われな全然分からんかったわ」

「いや~・・・ラッキーやったわ!俺の洞察もなかなかのもんやろ!?」

「あっ、ホラ、パパ、まだ何も入ってない・・・」

 

嫁に促され、レジを抜けた場所から店内を望めば、そこにはいまだ、カラのカートを押しながら、パンコーナー付近で鋭い視線を周囲に向ける百合子の姿がありました。確かにあのアイコンタクトがなければ、ぜっっっっっっったいに気付かなかったであろう普通のオバサンです。

 

「さ、宝くじ売り場行くか!」

 

ロト6とワンピーススクラッチを1000円づつ購入して、本日の買い物は終了。帰路の車内でも「俺って凄いよね?」と妙な自慢を続ける旦那に、嫁は冷たく言いました。

 

「ってかさ・・・「保安員」って周囲に気付かれた方が万引きの抑止力になるんとちゃうの?ってことは、特に普通のお客に完全になりすます努力は・・・してへんのちゃうかな?気付かれるのも珍しいことじゃないというか・・・」

「はっ!?ってかお前も「よー気付いた」って言ってたやん!?」

「っていうか、そんな意味のないとこで勘働かせるんなら、ロト6の方でそれを発揮して欲しいんですけど・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

その日、僕のロトがどうなったかは・・・言うまでもないですな。

 

ï¼°ï¼³

スクラッチは200円GET。

※当ブログからのお知らせ

当ブログ主旅寅によるビジネス論、好評連載中です。

work-mikke.jp

是非、ご一読を♪

風俗嬢の職場恋愛~デリ嬢とドライバー~

デリ嬢と送迎ドライバーの恋は実際あるのか? 

f:id:robin4811:20160613233433j:plain

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の43歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的にライター活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

※筆者コラム、連載中。

work-mikke.jp

☝今回はデリヘル嬢の稼ぎです。

デリヘル嬢と送迎ドライバーの微妙な関係

事務所、最寄の駅での待ち合わせ型のホテヘル。

僕がしていた店は基本、デリバリーは受けておりませんでした。

何せこじんまりな店でしたから、デリは効率が悪かったのです。

現在でこそ、女性が自分で公共交通機関を使ってお相手の希望の駅まで行くという形の店は沢山ありますが、当時はあまりそういうタイプの店はなく・・・。

オーナーである僕の発想は、あくまでオールドタイプ、「送迎してあげなきゃかわいそう」だったんですな。

ただ、出勤人数が少なくて、その子1人をサポートできる日なんかは、120分コース以上限定という形で、お客様の自宅へのデリバリーを受けることもありました。

 

そして僕はお客宅付近のコンビニ等に車を停め、2人の行為が終わるのを、その彼が果てるのを待つわけです。

 

その、待っている時間の中。

 

皆さんの中には目にしたことがある人もいるかもしれませんが、近隣マンションの集合ポストにビラを撒くドライバーもおります。

ビラにはおのおのナンバーが打ってあり、どのナンバーのビラから電話が入ったのかで、ポスティングしたドライバーを特定し・・・

その件数により、時給が大きく変わるというようなシステムを取っている店も多かったようです。ある意味実力勝負の「歩合制」ですな。

ただ、実は本来、デリの宣伝広告のポスティングは違法ですので、僕はもっぱら、携帯で時間を潰しながらの待機でしたね。

「あれって、嬢の求人広告のポスティングはOKらしいで?」

同じくデリのオーナーをする友人から、そんな話を聞いたこともありました。

「つまり、求人広告だけど、男が見たら(この店いいなぁ、呼んでみようかな?)って感じに作るってことか?」

「そうそう、そんな涙ぐましい努力をしてる店もあるみたいよ?」

「ふーん・・・。いや、消費者金融の金利くらいグレーやな(笑)パス!」

そんな会話で盛り上がっていると、予定より30分近く早く嬢からの着信。

お客様の中には、満たされると(もうさっさと帰ってくれ)って人も大勢いますから、2時間コースが1時間半になることはよくあることなんですな。

で、車へ帰還した嬢を迎えるわけですが・・・これがもう・・・結構凄いです。

ムンムンと異様な色気

f:id:robin4811:20160803215157j:plain

経験したことのない妙な感じ

今、男の人とのコトを終え、シャワーを浴びて出てきたばかりの嬢というのは・・・何というのか、物凄く色っぽいのです。

艶っぽいというか、何か艶めかしいというか。

(ついさっきまでそういう行為をしてた)ということが僕の頭にあるから、という部分が大きいんでしょうが、特にその日3人目のお客様を終えた・・・とかの嬢は、独特のけだるさみたいなものが漂っておりまして、正直ちょっとドキッとします(笑)

風俗業界にいる男性にとっての最大のダブーは、「お店の女性に手を出すこと」。

そこにいる男性が「嬢を女性として見ない」ということを肝に銘じていないと、絶対に店はうまくいきません。

特にうちのような、雰囲気がいいことだけがウリのこじんまりした店において、オーナーがスケベ心を刺激されるのは由々しき事態なんですが、この、

「コトが終わった嬢を車に迎え入れた後の車内」

だけは、ぶっちゃけムラッとしたことがあります(笑)

で、それを先述したオーナー友達に言うと、彼は食い気味にこう言いました。

実際、「職場恋愛」は起きてしまうのです・・・

「分かるわ!それは俺も経験ある!実際、うちの店ではないけど、ドライバーと嬢の恋愛って結構あるらしいで?ホレ、例のあの北部の巨乳店の、元嬢やった女オーナーも、ドライバーとデキてしもて・・・」

「ああ!結局あの店、その男と共同経営になったって前言うてたな?その後、その男が店の他の嬢にも手ェ出して、最終的には、嬢共々追い出されたんやろ?」

「そうそう。あと、うちの嬢が前におった店が結構タチが悪くて

「嬢にお手付きしたら100万円」

的な誓約書があったそうな(笑)にもかかわらず、手ェ出す奴はやっぱりおるみたいで、ソイツ、ビビッて飛んだけど

f:id:robin4811:20160704221551j:plain

追い込みかけられて、事務所でボロボロの姿で土下座してたんを見たとかなんとか・・・」

「ひゃあ~!

「今この子とできるなら100万円+ボコボコにされても納得」

って欲情、俺にはないわ"(-""-)"」

ただ、そうは言うものの、抑えがきかなかったそのドライバーの気持ちも、ちょっとは理解できる旅寅でした。

確かにあの雰囲気は・・・

異様"(-""-)"

当ブログ著者紹介

旅寅

ライター

旅寅

元風俗店主という経歴を持つ大阪在住の43歳。はてなブログ「夜行性サナトリウム」にて発表した「元風俗店オーナーが書く」シリーズが、はてなブックマークの総合ランキングで1位を記録したことをきっかけに、本格的にライター活動を開始する。2016年、カクヨムにて発表した「造花~愛しき嬢との3年間~」がカクヨムエッセイコンテストの最終選考に残るなど、精力的に活動中。

※筆者コラム、連載中。

work-mikke.jp

☝今回はデリヘル嬢の稼ぎです。

 

消えた前編への鎮魂歌(レクイエム)を歌う男

先日の「前編記事」の末路は・・・

昨日、久方ぶりに当「夜行性サナトリウム」にて「女性の自慰について」の予想記事を内輪向け(このブログの読者さん向け)にあげましてね

【☟コレ】

anchan0412.hatenablog.com

しばらく休眠してたうっぷんもあったし、メインブログ一発目の記事を超気合い入れて真面目に書いた反動も重なって

【☟コレ】

blog.o-cean.link

こっちに久々僕らしい記事を「えいやっ!」とアップするに至ったわけですな。

 

ところが、です。

 

これも「あるあるパターン」なんですが、このブログ、下ネタだけに限らず、いつもそんな身内向けのフルスイング記事に限ってのみ、なぜか予想以上に拡散してしまうわけです。

朝、8時半。

出勤途中の車内で、昨夜以来のブログチェックを行った僕は、遅ればせながらもようやく異常に気付いたのです。

 

(ブクマ40!?PV4桁!?おいおい、まさか・・・)

 

・・・あ~・・・

イカンな、こりゃ・・・

 

案の定、いました、ホッテントリに"(-""-)"

さ・・・さすがにこの記事内容の拡散は・・・

全く喜べません"(-""-)"

 

前回、下記、ちょっとHなアニメを語った記事がそこへ到達したのが約1ヶ月前ですから、久々のランク・インなわけですが・・・

anchan0412.hatenablog.com

その際「ランク・イン中にブクマがかなりの短時間で50を超えたのにTwitterで拡散されない」ということを身を持って体験した僕にとって、もうH系の記事は、読者になって下さってる皆さんへ向けての「単なるサービス記事」なわけです。

 

だってね、わたくしは下ネタ以外の記事を超真面目に綴ると、

「寅さん、下ネタ以外も書けるんですね!?」

そして下ネタ記事を綴ると、

「こういうのを待ってましたっ!!」

・・・的なことを言っていただけるキャラですから!(^◇^)

(本人も書いてて楽なのが下ネタ・下品ネタなんです(笑))

 

「なら期待に応えたるわい!」

 

と久々に書いたはいいものの、さすがに今回の記事は本人的にも「ちょっとだけ」恥ずかしかったんですな。

だってブログタイトルが「オ〇ニー」で、アイキャッチが

f:id:robin4811:20160803215157j:plain

☝コレですから。

まさかそんな記事が・・・と思うじゃないですか?(笑)

いや、僕としては結構爽やかに、規約にギリギリ触れずに書く努力はしたつもりなんですよ?そりゃあ、もっと厳重にボカシて書くことはなんぼでもできるんですけど、それをするとね、書いてる本人が面白くないのです(笑)

せっかく真面目なことを専門で書くメインブログを持ったんだから、こっちはそれなりに攻めたい・・・と思って1発目に書いた記事が「女性のオ〇ニー」。

 

(ちょっと果敢に攻めすぎたかな"(-""-)")

 

後悔すれど、もはやあとの祭りでございます。

記事のブクマはあれよあれよという間に45に到達致しました。

 

(オイオイ、ちょっと待て、この記事はそういうんじゃないんや(汗))

 

まさか・・・

 

まさかとは思いますが・・・

 

あと3つ、ブクマが50に到達したら

「拡散」

とかしないだろうな??(; ・`д・´)

旅寅家末代までの恥になるぞ!?

前回のこともありますからまず大丈夫とは思いつつも、万一のことを考えると到底安心はできません。

 

このブログを始めて以来、僕は初めて

「恥」

という言葉を考えました(笑)

そしてこれも初めての感情でしたが、

(落ちろ!!ホッテントリから消えろ!!)

と強く願いました(笑)

そしてブクマは45、46、47・・・と運命の瞬間へと近付いてゆき・・・

 

(ん・・・!?)

 

47・・・にて・・・PVが急激にストップ!!

慌ててチェックを入れてみれば、

 

(よっしゃ、消えた!!!落ちたぁ!!!ありがとう、はてな!!!(^◇^))

 

皆さん、規約に抵触する記事がまかり間違ってホッテントリに入った時、運営は見事にチェックを入れて(通報とかもありますわね)外して下さりますから、安心して下さい!!(笑)

しかもその場合は、あらゆるはてブの欄から一気に抹消されることが(総合新着・カテゴリー別新着・カテゴリー別人気等)今回確認できました!!(^◇^)

こんなことを体を張って検証した人はなかなかいないでしょうから、とりあえずネタにしときました(笑)ご報告までに(^◇^)

ブログを2つ持つの、お勧めですよん♪

 この「夜行性サナトリウム」をメインからサブに回したのは幾つか理由があるのですが、上記新しいブログの記事を読んで下さった方なら、それに気付いたかもしれませんね。向こうの記事・・・かなり気合い入れて、真剣に書きました(笑)

 

ガラにもなくシリアスだったでしょ??

 

多分「寅♨風呂」の方は読み手にも熱量を求めると思います。

 

気合い入れて書いてるだけに長文になるし、今まで出すのを躊躇していたような、本当の裸の自分も表現したいし。

ここでアホなことばっか書きながら、そういう欲求がずっとあったんでしょうね。本当は僕、結構、生真面目なんですよ(こう見えて(笑))

でも同時に、残念ながら間違いなくド★スケベの変態でもあるんです。

「人間」とは、相反する2つの自分を同居させる生き物です。それを双方表現できる場があるのは、意外に楽しい。

 

例えば、

マニアックとスタンダード

に分けてもいいし、

日常と趣味

に分けてもいいし、

収入を絡める・絡めない

に分けてもいいし、

真面目とお気楽

に分けてもいいしね。

 

 最初の構想ではね、もうこっちは閉鎖しようと思ってたんです。

 

でも休んでる間も過去記事にブクマは付くし、読者になって下さる人もいるしで、なかなか閉鎖はしづらくなってしまいましてね、結局不定期的に続けることにしました。

 

今となっては、閉鎖しなくて良かったかな、と思います。意外とね、2つあるとバランスが取れる感じがする。僕の読者さんにも2つ持ってる方がチラホラいらっしゃいますが、うん、せっかく「はてなプロ」で登録してるんだから、権利をちょっと行使してもいいかもしれないですね。

 

そんなわけで、ラッキーなことに前編は記録からは忽然と消えました(笑)

※でも後編は書きますが(笑)(*^^*)

とりあえずご報告までに♬

 

旅寅

超真面目に書く、女性のオ〇ニー事情予想【前編】

男女平等には程遠い・・・のか?

f:id:robin4811:20160803215157j:plain

日本の男性は性欲を解消するということにおいて、女性よりも、かなり恵まれていると言えますよね。自慰するにしろ風俗行くにしろ、色んな意味で環境が整っていますから、その気になれば気軽にムラムラを解消できるわけです。

 

例えば、自慰。

 

TSUTAYAやGEOに行けば、お気軽にAV、借りれますよね。

「買う派」の人も幹線道路をちょいと走れば、夜中まで開いてるアダルティなDVD屋なんてなんぼでもありますし、「パートナーや家族が居て気軽に家で見れない」という人にも、「金太郎グループ」をはじめとした「試写(試射!?)室」があったりします。

 

「わざわざ外行くのがめんどくさい」

「試写室は生理的に無理」

・・・って出不精・潔癖系の殿方には、「DMM」等、AVをスマホでダウンロードできるサイトが星の数ほどございます。

そんなもんでは満足できない、もっともっとディープな動画が視たいというスレたアナタには、超有名・無敵の「エッ〇ス〇デオ」がありますわね。

seesaawiki.jp

挙句、「ライブ感と共に興奮を味わいたいんや、ワシはっ!」という贅沢な殿方には、各種アダルトチャットまであったりして・・・。

 

そして付け加えるなら「TENGA」をはじめとしたグッズも豊富。

 

要は日本男児は自慰においては、至れり尽くせりな状況なわけです。

 

(俺はオ〇ニーなんてみっともないことはしないのさ・・・)

 

・・・というそこのスカしたアナタ。

そんなアナタにはデリヘルからソープ、ギャル系から熟女系までどんなフェチにも応えてくれる各種風俗店が存在しておりまして、更に更に、オ〇ニーも風俗嬢も嫌だという人には超精巧な「ラブドール」なるものがあり・・・。

 

まさに全方位対応のこの万全ぶりは、

「いつ何時、誰の性欲でも受ける」

というA・猪木状態。

 

そりゃこんだけ充実してりゃあ、男達がHから離れてゆくのも頷けますわね。

 

では・・・女性の方はどうでしょう?

パートナーのいない日本の女性陣は、一体どうやって自身の「ムラムラ」を解消しているのでしょうか?

なんでいきなり僕がこんな突拍子もないことを考えたのかと言えば、この動画を視たからに他なりません。

www.youtube.com

これね、結構、爽やかに笑えます(笑)

でもこれって外国だから、また大和撫子は感覚が違うだろうしな。

とりあえずかなり無理はありますが、日本の男性の行動パターンに当てはめて考えてみましょう。

 

①レンタル店のアダルトコーナーで借りて抜く

う~ん・・・これ、さすがに単独で物色してる人は、僕は見たことありませんね(見たことある人居ますか?)ただね、たまにカップルで「はしゃぎながら」物色している場合はありますよね。僕はそういう時は、心の中で(俺の聖域に入ってくんじゃねー!)と「バシルーラ」を唱えております。

 

②アダルティなDVD店で購入して抜く

これもさすがに女性単独で入店してるのは見たことないですね。ってかそんな人がいたら、ある意味惚れてしまいます(笑)

 

③個室の試写室で抜く

カップルで入れる2人用の部屋を用意してるお店はあるようですが、さすがに女性単独で入るのは厳しいと思われますね。

 

④自宅のPCやスマホでの動画視聴にて抜く

考えてみるとね・・・もうここしかないと思うんですね、女性が気兼ねなくそういう商品を購入できるのは。でも、あんまりそういうイメージがないというか・・・女性って経験上、そんなに映像等の「おかず」に頼らないような気が・・・??

 

⑤グッズ

店舗で販売している物を購入するのはさすがに難しいのではないでしょうか?となると、やはりネットでの購入ですが、実家暮らしだと幾ら商品名伏せられても完全にアウトですよね。「実は持っている」って人も出会ったことはありますが、元彼が置いていった、とかのパターンが多かったかな?誰もがネットで気軽に購入してる・・・という現実はないような気がします。

 

⑥女性用風俗や女性用AV

女性用風俗店は確かに存在しておりますし、限られた愛用者もいるようですが、それこそそこまで勇気がある人はなかなかいないでしょう。ハードルは超高いと思われます。AVの方はかなり売れてるらしいですが・・・これも皆さん、ネットで購入しているのでしょうか??

f:id:robin4811:20160803214611j:plain

NO1女性用AV男優・鈴木氏

 

女性の自慰は男性とは異なる

風俗店を運営し、多くの風俗嬢さん達と様々に雑談を重ねて来た経験上、僕の導き出した結論は多分、こんな感じじゃないかと思います。

 

1、貯蔵庫に溜まってゆく男性と体のメカニズムが異なるからか、女性の中には、そういうことがないならないで、全然平気になってしまう人が多い。つまり「基本しない」という方々もボチボチいる。

 

2、ただ、好きな人は好きである。そういう場合は「イメージ」と「指」というシンプルなケースが大半である。

 

3、2に当てはまる方々がおかずとしてイメージするのは、結構「襲われたり」とか「痴漢されたり」とかM心をくすぐるようなビジョンが多い。ただし、別にその方々が現実において、同様の願望を抱いているというわけでは全くない。

 

4、ローターはチョコチョコ持ってる人はいる。

 

5、AVには興味はあるので、彼氏とホテルに行った場合は、結構興味津々で視てしまうという人は多い。ただし、普段買ったり、ダウンロードしたりということはない。

 

6、さすがにホストや女性用風俗によって性欲を満たすという人は少ないが、意外に彼以外の「やり友」を持っているという人は、未婚・既婚問わずソコソコ存在する。

 

 ただこれはあくまで僕の考察であって、全~く自信はありません(笑)だって女性用のAVって結構売れてるみたいじゃないですか??

それに以前ね、知り合いでバイブの通販していた人が「メチャメチャ売れる」って言ってたことがあるんです。

そう考えたら、実は女性って男が知らないだけで、楽天やAmazonで買い物するついでにこそっと「ブラックインディアン」買ってるとかあり得るんじゃないだろうか!?とかもちょっと思うんですよね"(-""-)"

でも僕の周囲には、シレッとそんなものを買ってそうな人って・・・ほんっっっっとにいないんですな。

っていうか万一買ってたとしても、女性って絶対口外しなさそうだしね(笑)

にもかかわらず、現実、バイブや女性用のAVは売れてる、と・・・。

 

・・・闇は深いな・・・

 

では後編では、男女のSEX観の違いについて書いてゆきます。

続く

「ぼよよん行進曲」は巨乳賛歌じゃございません!

乳児・幼児を持つ親御さんの味方

f:id:robin4811:20160725202544j:plain

歌のおにいさん&おねえさん

独身時代、NHKの子供向け番組など、チラリとさえ見たことがありませんでした。

ところが子供が生まれ、育児に追われるようになると、まぁ見るわ見るわの大変貌。小さなお子さんを持つ親御さんならどなたでも分かって下さるでしょうが、

 

「いないいないばぁ」

「おかあさんといっしょ」

 

の偉大さときたら・・・イチローやモハメド・アリさえ凌駕するレベルです。

少しの間もジッとしていない子供や、何が悲しいのか延々泣き続ける子供が、あーら不思議!・・・ピタッと停止して見入るのです!

多忙な私達夫婦も、上記2番組のおかげでこの1年半、本当に本当に救われました。

恐らく随分昔から、この2番組は若いご両親達の絶対的な味方なんでしょう。

見始めて1年が経過したばかりの私のような若造・青二才・若輩者が両番組を語るのはまだ時期尚早なのですが、とりあえず、ようやく例の「ぼよよん行進曲」に辿り着きましたので、その記念にこの記事を綴りたいと思います。

「たくみロス」は正直、ある!

今年の春、先代の歌のおねえさんである三谷たくみ嬢は、惜しまれながら卒業してしまいました。

 

可愛い方でしょ?僕も嫁もめっちゃファンだったので、卒業は正直ショックだったのですが、ま、次のおねえさんである小野あつこ嬢は掛け値なしの美女ですから、世のお父さん方の中には、すんなり「小野派」に鞍替えを果たせた方も多いと思われます。

f:id:robin4811:20160728205945j:plain

前田敦子さんに似ていると言う方も多いと聞く、それはそれは美人で、歌もお上手なあつこおねえさん。ただ、旅寅家において、たくみおねえさんの存在はでかすぎました。

弾けるような若さと爽やかな美貌がある、正統派のあつこおねえさんも全然悪くはないのですが・・・我が家において、あまりにも素晴らしかったたくみおねえさんのイメージが払拭されるには、もう少し、時間がかかるかもしれません。

 

絶妙のアニメ声、歌唱力、演技力、表情の豊かさ、癒される雰囲気・・・。

 

まさに唯一無二、旅寅家にとってのたくみおねえさんは、代替えのきかない貴重な存在でした。

 

「うたのおねえさんになるために生まれてきたような人」

 

そうとしか言いようがないほど声が素敵だし、歌も上手いし、何とも言えない愛されキャラなんだよなぁ・・・。あの生田斗真君も会いたい人で名前挙げてたけど、男女問わず愛されるあの貴重なタレント性は、このまま引退するの、勿体ないと思います。

 

(っていうか・・・たくみおねえさんの先代の歌のおねえさんって、確かいいともとかに出てた、あのはいださんなのかな?)

 

そんな興味からすぐに「おかあさんといっしょ」をネットで検索。

するとすぐに出てきたのが

 

「たくみロス」

 

という言葉。

なるほど、旅寅家と同じ意見のパパ・ママも多いというわけか(笑)

いや、でもよくよく調べれば・・・どうもそれだけじゃありません。幼児番組のもう1つの看板である「いないいないばぁ」の先代おねえさん、ゆうなちゃんに対しての「ゆうなちゃんロス」も、どうやら一時期発生していた模様です(笑)

そしてたくみおねえさん加入時には当然、「しょうこロス」も・・・。

 

そんでもって、YouTubeにて、まだ聴いたことがなかったしょうこおねえさんの歌声を拝聴。す、するとこれが・・・

 

とてつもない上手さでした。

 

youtu.be

 いや、たくみおねえさんよりも更に、遥かにお上手(汗)キャラも素晴らしいし、これはさぞ・・・たくみおねえさんも加入時は苦労したことでしょう。

 

つまりは、世代世代に応じて、思い入れの強いおねえさん達がそれぞれ存在しているわけですね。

今はたくみおねえさんのイメージと戦うあつこおねえさんも、そのうち皆に浸透して、いずれは惜しまれる存在に成長してゆくのでしょうね。

 

ガンバレ!あつこおねえさん!!

 

「ぼよよん行進曲」という名曲

で、先日。

僕は妻子が食い入るように「おかあさんといっしょ」の録画を見ている隣の部屋で、「ポコポコ」に興じていたわけです。

※ポケモンGOにはあえてまだ触れておりません(笑)

すると、他の幼児曲とは明らかに異質な、物凄く耳に残る楽曲が流れてきたではありませんか??

 

「ん?なんやその曲?えらいええ曲やな??」

「中西圭三が作った曲みたいよ?」

「中西圭三か!懐かしいなぁ!ってか・・・なんでそんなええ曲を幼児番組に提供したんや??歌詞替えて普通に発表してたら、ヒットするレベルの曲やんか??」

「私もこの曲だけはめっちゃ好きやねん!」

 

そんなわけで再び検索!

 

するとまぁ、すでに知らない方がおかしいくらい、大勢のご両親方から「名曲」と崇められている曲でございました(汗)

 

そんなわけで、まだ知らないという方々のために、聴いた人に力が沸いてくるというその名曲をここに貼り付けておきます。たくみおねえさんのラストステージバージョンです。短い曲なんで、騙されたと思って一度聴いてみて下さいね。

youtu.be

しかしだいすけおにいさん、歌、めちゃめちゃ上手いなぁ!?

 

ï¼°ï¼³

しばらくの完全放置にもかかわらず、ブクマを下さった方々、新たに読者登録をして下さった方々、本当にありがとうございました。新しいブログはすでに完成しております。明日、読者として、書き手として再始動致しますので、どうぞこれからも宜しくお願い致します。それから例のカクヨムのコンテスト、本日正式な発表があり、無事に最終審査に残りました。応援して下さった皆様、本当に、本当にありがとうございました。

ドーピングブロガー

ドーピング・ブロガー

f:id:robin4811:20161001131957j:plain

あれは、いつ頃だったでしょうか?このブログを始めて2~3週間ほどが経過したある時、僕は初めて【ブックマーク】というものを意識しました。

それまで、★を貰って喜んでいただけの素直な白旅寅は、急激に増えたその日のPVを怪訝に感じ、その原因をブクマについた【3】という数字だと断定付けたのです。

【何だ?この【B!】って?ビックリマークなんかつけてたいそうな奴だ!】

僕の中で【B】と言えばペッティングです。

キスとSEXの狭間にいる中途半端な奴です。

キンカンにもハッサクにもなれない、いよかんみたいな中途半端なアイツが、いつもは日に30PVで上等のこのブログを、何で200PVにまで跳ね上げたのでしょう?

白旅寅は色んな記事を読みあさり、その不思議な現象を解明しようとしました。

 

 ブックマークと【新着】表示の関連性

ある程度短期間で3つのブクマが付くと、はてなブックマークの【新着】へ記事が表示される(自分で1つ打ってよし(セルクマという)ただし、それをすると新人時代「注目のブログ」などには選ばれない)できたばかりで特定の読者さんもまだいないブログの場合、この【新着】へ表示されないとほぼ即座のPVはない。

 

(な、な、何やコレは!?つまりこの【B!】は、ベン・ジョンソンが1988年のソウルオリンピックで使用して金メダルを剥奪されたことで有名なアナボリックステロイド・・・いわゆる筋肉増強剤、ブログ界のドーピングやな!?そらビックリマークも付くわい!!)

 

仕組みを知った白旅寅は、その日から呆気なく黒旅寅になったのです!!

 

ぐへへへ!!

ブクマだ!!

ブクマを3つよこさんかーーーーい!!

 

ただそう叫んではみたものの、黒旅寅はすぐに気付きました。そう、当時の黒旅寅にはそんなことを気軽に頼める友達などいなかったのです。黒旅寅はかくも呆気なく白旅寅に戻り、また羊の歩みのようなブログ生活を再開しました。

 

 (思えばベン・ジョンソンよりカールルイスや。しかも俺、カールおじさんに似てるしな。剥奪される金メダルなら、最初からいらんわい。生理始まるって分かってるんなら、最初からホテルなんか行かんのと一緒や。いや、それはちょっと違うか?)

 

 気を取り直した白旅寅は毎日、一生懸命記事を書きました。読んだ人が楽しめような記事を紡ぐことを心掛け、時には熱湯風呂へ飛び込み、時にはアメリカザリガニに鼻を挟まれながら、せっせこせっせこ自己満足なオ〇ニー記事を綴る毎日。

 

ところが世の中、捨てたものではございません。

 

少しづつ少しづつできてゆく他ブロガー達との繋がり。

素人が1からブログを始めるには、本当にはてなは素敵です。

★を贈呈し合い、お互いのブログを言及し合い、ブクマやコメントにて声を掛け合い。

 

ただ、穏やかな日々は長くは続きませんでした。

 

ブログを開設して1ヶ月ほどが経過したある日、白旅寅のブログは、巨大なハリケーン【バズ】に襲われます。

1日に33000PVブクマ800越えの衝撃はまさに麻薬。

白旅寅はアワワ・・・と面喰らいながらも、何でこんなことになったのか色んな記事を読みあさり、その猛烈な現象を解明しようとしました。

 

ブックマークとホッテントリの関連性

【新着】滞在時、ある一定時間内(経験上1~3時間くらい?)に10~20個のブクマを集めれば、ホッテントリ(はてなブックマーク総合人気)に記事が表示されるようになる。そうなればPVは強烈に跳ね上がり、更にホッテントリに表示されているある一定時間内にブクマが50個を越えれば、はてなブックマークのTwitterにてその記事は10万人以上に拡散され、PVは更に猛烈に跳ね上がる。そしてそこからYahoo!等に記事が拾われたりしようものなら・・・

 

(な、な、なるほど!つまり今回のハリケーンは俺の記事がこの条件を満たしたっちゅうことやな!?ほんならアフィリエイト的にはこのルートに乗ることは猛烈な収益アップへのショートカットやんか!?)

 

 仕組みを知った白旅寅は、その日から再び黒旅寅になったのです!

 

ぐへへへ!!

 ブクマだ!!

 ブクマを50個よこさんかーーーーい!!

 

ただそうは叫んではみたものの、黒旅寅はすぐに気付きました。そう、黒旅寅はアフィリエイトをしていなかったのです(笑)その後、3記事ほどスケベ心で広告を貼ってみたものの、収益を8円得たところで終了。黒旅寅はかくも呆気なく白旅寅に戻り、また羊の歩みのようなブログ生活を再開しましたとさ。

 

おしまい。

 

ライターになるために

「なぜ、ブログをしているのか?」

その答えは、幾つかに別れる思います。

 

①書きたいという意欲を満たす趣味として。

②自身や自身の作品、自分のお店や会社のPRとして。

③アフィリエイトでの収益を前提として。

④それらを複合的に意識して。etc・・・

 

①にのみ該当する方は、書きたい時に書いて、別にPVやブクマも意識せずにマイペースにやればいいわけです。本当の意味での純粋な「ブログ」ですよね。これが本来、1番平和でいいのでしょうが、ま、目的や考えは人それぞれです。逆にもう思いきり③に特化している人も、それはそれで素敵というかね(笑)何が良くて何が悪いわけじゃありません。百花繚乱でこそブログだと思う。

僕自身はライターを目指しておりますから、現状は①が2割、②が8割って感じですね。③に関しては、そりゃ、妻子もいる、何かと物入りな僕からすりゃ興味は深々なのですが、なにぶん知識がないままに初めてしまったものですから、残念ながら当ブログで「まとまった収益を得る」というのはもう不可能です。GoogleやAmazonの審査の厳しさは全く意識していませんでしたし、第一何より、独自ドメインを取得しておりません。

これが痛かった、いや、ほんとに。

僕が今回ブログをもう1つ・・・と考えたのは、他ブロガーのブログに影響されたことも大きいのですが、とりあえず

(まっとうなブログで仕切り直したいな)

という気持ちも半分はありました。

ただ、このブログはもう、閉鎖するには愛着がわきすぎました。

 

この「夜行性サナトリウム」のPV、初月はもちろん全然でした(笑)

でも調べてみましたら、直近30日のPVは10万/月程度にはなりました。

1ヶ月10万回のアクセスがあるブログって、開始当初は夢のまた夢でしたから、それはもちろん嬉しいことですが、ただそれはあくまで、

 

「はてなさんの枠の中で最善のことをして、かつ、1ヶ月に1、2回は何とか人気記事を生み出しホッテントリ入りをする」

 

という前提での不安定極まりない10万PVです。

このPV数を、ちゃんと検索やGoogleを見据え、週2~3くらいの更新で、安定して生み出すブログを構築・育成すること。

もちろん、そこにはきちんとアフィリエイトの環境も整えること。

 

(後悔を全部リセットして、まっとうなブログを)

 

先日終わったカクヨムさんのコンテストで最終審査に残るというのが僕の直近の目標でした。もう特にその先のことは全く考えていなかったんですが、色んな方々の素晴らしいブログに日々触れるうちに、それが次の目標として、自然と湧いてきたのです。デザイン的なことはそんなこだわりがあるわけじゃないのですが、要はヨソ行き正装のきちんとした「白」ブログをメインで持ち、この夜行性サナトリウムをもっと「黒」に特化したものにしたいな・・・と(笑)

 

はてなの互助性に関する批判

さきほど僕は「はてなさんの枠の中で最善のことをして」と書きましたが、どういうことを、動きをすれば、沢山の人に読んでもらえるんだろう、PVを上げられるんだろう、というのは、しばらく続ければ誰にでも分かります。

確かにここには社交性が大事って部分、あると思うんです。

ブクマのコメント見ても

「テメー、さては全然読んでねーな?サビくらい読め、この社交家め!(^◇^)」

ってケースもたま~にはあるし、僕だって忙しくて飛ばし読みしてしまうことはありますから(特に最初のバズ後、スタンスが狂った(笑))

誰かが誰かを批判しても、お互い様なんですよ、きっと。

あと、かけひき的なもんも多少はあるよね、ライバル視するブロガー間の(笑)

そういう諸々の心理戦も、個人的には凄く楽しい(笑)

こういうのは、のほほんとマイペースにブログしてる人からしたら

(凄いね!?)

ってなるかもしれないけど、要は同じスタンス同志はそうなるだけなんですよ。そして何より、ブクマとバズの関連性かな?

1回あのバズの感覚を味わった人の中には、一瞬ブクマに心を奪われる時期があったって人、多いと思う(笑)意識がどうしてもそっちに行くというかね。

でもそのうち読者さんが増えて、定期読者さんが定まれば、もう決まった人の日記にしか行かなくなります。

僕ももう身内向けに記事を書くことが多い。

そこに誰かの新しいブログが何らかのきっかけで加わらない限りは、開拓営業なんかしない。よっぽど面白い、でもまだそんなにメジャーじゃなさそうなブログには、

「この記事はせめて新着に行くべきだ」

っていきなりメッセージ付で応援ブクマ入れることはあるけど、僕の姿勢はCSSにも書いてる通り、基本「くれたら返す」ですね。読者登録もそう。してくれたらする。

開設した当初はさておいて、以降は9割方、僕は自分から読者登録はしておりません。というか、できないんです。ゆっくり面白そうなブログを探す暇がないのです。

そういう意味では、僕のブログにリアクションを起こして下さった方々には本当に感謝しております。

あなたを僕が知れたのは、あなたが声を掛けてくれたから。

消えてしまった人も離れた人も含め、ありがとう。

新しいブログができたら、この方は・・・と思う方にはこちらから頭を下げてお付き合いをお願いすると思いますので、その際は宜しくお願い致します。

既出記事において「待ってる」と言って下さった方々、嬉しかった。

ほんとにありがとう。

 

おっと、で、はてなの社交性について、なんですが。

 

というか、世の中って大半そういうもんじゃないんですかね?

例えば司法試験に苦労して合格した人が全て弁護士として飯が食えるかといえば、営業力や社交性がない人は食えないっていうじゃないですか?

精力的に動く人にチャンスが広がるのは悪いことじゃないと思う。

というか、それがこのはてなの特徴だし、いいところでもある。

 

もちろん、(ふーん・・・)って感じでのほほんとマイペースな人はそんなことしなくていいしね。

 

新しいブログができたら、こちらから読者登録致しますので、宜しくお願いします。

(あ、嫌な方はスルーしてくらはい(笑))

 

これからも、更新は減りますが、夜行性サナトリウムをよろしゅうに。

 

旅寅